たかが親子されど親子、そして兄弟そして夫婦そして自分

いづみかほるの様々な想い(世のファミリーをテーマにエッセイ風に綴っています)

「母と子(母への思いそして子への思い)」

2017-05-16 08:39:28 | エッセイ風

「母と子(母への思いそして子への思い)」

離れて暮らす年老いた母に ふしぎな力が備わってきた

時に50年前を行ったり来たり その悲しかった出来事を昨日のこととして話す

ひたすら母の気持ちに寄り添っていこう~

母がいて私がいて息子がいる

「私もそうなってゆくのかな~」

「すでに半分そうだから大丈夫」っと息子(*^。^*)。

甘えっこだった息子も すっかりたくましくなった

母も息子もありがとう~

「母の日」って

母を思い 子を思う日なんだろうな

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~子どもの心を育てるステー... | トップ | 「かぐや姫物語」電子書籍 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL