Unlimited Hello Works

主にポケモンについて書いたブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【シーズン16 シングルレート2125】 キュウコンクレセWith堕落ランド

2016-07-19 18:43:37 | ポケモン
シーズン16が終わりました。
今シーズンは強者がその実力をいかんなく発揮させ、結果を残していたと思いました。
Twitterのフォロワーの方々の2200・2100報告を見て自分もモチベーションを高め
2000で満足せず上を目指そうと思いました。

始め今シーズンはどんなPTで潜ろうかと考え
♀ゾロアークで♂カイリキーに化けメロメロを打つという発想からスタートし
次に某人物で有名なブーピッグとブリガロンの構築を使用。
しかし思う様に勝てなくなってきたとき、BOXの理想個体のロコンの存在を見つけ
キュウコン良いなと感じ、また真皇杯予選でキュウコンクレセで結果を残したTomさんの構築を読んで
キュウコンクレセで最終的にはやっていこうと決めました。

結果レート2125(最終66位)という自分の過去最高の成績で終えることが出来ました。
またもう一つのロムでも同じPTを使用しレート2117 (最終85位)に載せることが出来、満足の行くシーズンでした。

PT一覧
キュウコン 命の珠 オーバーヒート ソーラービーム 目覚めるパワー地面 悪巧み
クレセリア ゴツゴツメット 冷凍ビーム 電磁波 月の光 三日月の舞
ガルーラ メガストーン 秘密の力 空元気 けたぐり 不意打ち
マリルリ オボンのみ アクアジェット じゃれつく 叩き落とす 腹太鼓
バンギラス ラムのみ 追い打ち 噛み砕く 岩雪崩 電磁波
ランドロス 食べ残し 地震 打ち落とす ビルドアップ 身代わり





型紹介 
※ダメージ計算はポケモントレーナー天国様を使用
※参考にしたブログのリンク先はすべて無断リンクですので、問題がある場合はご一報ください。


キュウコン 日照り 臆病 H4 B4 C248 S252
実数値149-*-96-132-120-167

リザードンYと比べ火力は劣るがメガ枠を消費しない+悪巧みが使えるという魅力があるもふもふ狐。
最初はめざパは氷の個体を使用していたがチョッキランドに耐えられたり
ガブリアスやメガボーマンダには上から殴られる目にあっていたので
ヒードランを狩れるめざ地面に個体を変更。
結果ヘラクレセドランなどに圧力をかけられて良かったと思いました。
一回悪巧みを積んだ状態での晴れ珠オーバーヒートの火力は凄く
H4振り程度のメガボーマンダなら確定1発(C↑2での晴れ珠オーバーヒート 100.5%~118.7%)で
舐めて受けにきたポケモンを焼き尽くしてくれていました。

クレセリア 浮遊 図太い H252 B252 D4
実数値227-*-68-189-95-151-102(※31-2-31-31-31-25の個体での努力値振り)

物理受け兼回復の薬。
驚異の耐久力で相手の攻撃を凌いでもらった。
たまに冷凍ビームで凍らせてくれた時は本当に助かった。
電磁波で起点を作ってくれたり、三日月の舞で傷を負ったポケモンを癒したりとこのPTをずっと支えてくれました。

ガルーラ 肝っ玉→親子愛 意地っ張り H36 A228 B244
実数値185-158-131-*-100-110→185-191-151-*-120-120
Hb:177メガガルーラの猫騙し+捨て身タックルを最高乱数以外耐える
200ガブリアスの鉢巻逆鱗のダメージ135~159

参考元(http://d.hatena.ne.jp/nyaooshi/20160117/1453035456
PTを組んでいる段階で、このままでは珠物理ゲッコウガやマニューラが来た時に大変なことになってしまうと気づき
参考元のABガルーラを採用させてもらいました。
またスイクンや鬼火が多く飛んでくるPTだった為秘密の力と空元気を両立。
ゲンガーとの対面時はメガシンカしないかバンギラスに処理を一任させていました。
物理にも強気に出ていけ、理不尽な性能で場を荒らしてくれて改めてメガガルーラの恐ろしさを使って感じました。

マリルリ 力持ち 意地っ張り H132 A252 B4 D4 S116
実数値192-112-101-*-101-85
Hb:A182ガブリアスの地震オボン込み高乱数2耐え(53.1%~63% ダメージ102~121)
A:極振り
D:余り
S:4振りバンギラス+3かつ無振りブリガロン抜き

皆勤賞になりそうなこのマリルリ、過去の記事でも使用。
竜技の一貫切り+受けル相手に無双が狙えることで入ってきた。
ただ思っていたより選出は少なかった。

バンギラス 砂起こし 慎重 H252 A44 B4 D204 S4
実数値207-160-131-*-160-82
Hd:砂補正有り、無補正特化メガゲンガーの気合玉一発耐え(81.1%~96.6%)

受けルなどに採用されていることの多い対ゲンガー用の調整バンギラス
ゲンガーを狩るお仕事は勿論のこと特殊相手には良い仕事をしてくれた。
ただ控えめゲンガーも最近居るということを知った時は震えていました。

ランドロス 威嚇 意地っ張り H228 A28 B36 S216
実数値193-185-115-99-100-135 (31-31-31-1-31-24の個体での努力値振り)
Hb:A一段階ダウンのA200夢キノガッサの岩石封じを身代わりが確定耐え(20.2%~24.3%)
S:最速70族抜き

今回の地雷枠。5世代にも多くはなかったが存在していたビルド打ち落とすランドロス。
別名を勝手に『堕落ランド』と名付けた。
(打ち落とす→打落→堕落とかいう安直な発想)
この個体値に見覚えのある人もいると思いますが、何を隠そうあの親名ヒャダインさんのランドさまです。
時間が取れなく、ランドロスの厳選が出来なかった時に
そういえば配達員から受け取っていなかったことを思い出し採用しました。
打ち落とすはロトムやエアームドなど浮いてるポケモンの度肝を抜き、
意表を突くことに関してはピカイチで今回のMVPであり、使っていて楽しいポケモンでした。
実際多くの方がこのランドロスに「!?」って反応してくれてもらい育成した甲斐がありました。
意地っ張りならSは最速ガッサなどがいる70族抜きぐらいで丁度良いと感じましたが
陽気で使うなら準速サザンドラや最速FCロトム抜きぐらいしておけばHB・HDボルトも打ち落とす+地震を狙えて良いなと感じました。
ビルドアップの所は剣舞やどくどくでも面白そう。


このPTの天敵
・ゲッコウガ
PT単位で重く、メガガルーラに何とかしてもらうことが多かった。

・サザンドラ
マリルリ以外とでの対面時に流星群か他技かを読まないとPTを壊滅状態に追いやられました。
特に眼鏡サザンドラがキツイ。

・ガルーラ(グロパン秘密身代わり)
この個体のメガガルーラに当たった試合は殆ど負けていました。
クレセリアの冷凍ビーム程度では身代わりは割れず一方的に蹂躙されていました。

・ジャローダ
リーフストームの一貫性が高く
キュウコンで焼くかメガガルーラで強引にでも突破しないと大変なことになった。
マリルリを草食に変えようともした程。

・パルシェン
殻を破られると先程のジャローダと同じく無双されてしまうことがあった。

仕事に追われ最終日は連勤で体がボロボロの状態でしたが
何とか満足の行く結果を出すことが出来ました。
ポケモン新作の情報も増え第六世代のレーティングも終わりへと近づいてきていることを感じますが
これからも結果を出せるように頑張りたいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【逆襲鉢巻河馬】 | トップ | 6世代総括・感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。