ハローお馬ちゃん

ニュース、スポーツ、芸能、競馬
ぼちぼちやってます

いい医者って

2016-10-31 | 日記・エッセイ・コラム

 実は私は25年ぐらい高血圧で通院中で毎日服薬中なのですが、その程度はずっと治まっている程度で日常生活には全く支障はありません。確かに服薬をさぼってしまうと血圧は上がってしまうのですが、4日ぐらい忘れていても上が160ぐらいで下が110ぐらいですからすぐに健康がどうこうなるという訳でもない程度。

 私が通院している病院の担当の先生が、またいい加減というか何というか。3か月分の薬をもらっているのですが、その時に血圧は変わりありませんかと聞き、他に問題はありませんかと聞くだけで終了。「じゃあ、いつもの薬ね」、2分とかかりません。この文章を読めば、これでええんかいなと思われるかもしれませんが、これで全く健康そのもので血圧も正常にキープされているのですからこれでいいのです。

 以前にも書きましたが、新設の市営病院は初診で4時間待ち当たり前とか、すぐに高価な検査をやりたがる。実際、初診時に高価な検査をやって、2回目の診察でもその検査をやろうとしたが症状は既に治る方向に向いていたのでお断りした。検査と言っても1回2万円とか、こちらも馬鹿にならない。何故、高価な検査をやりたがるのかといえば、医療機器が1億円とか高価なものなので稼働させないと赤字がかさむからという至って経営目線からという理由に他なりません。

 高価な設備が揃った最新鋭の病院でやたら検査をやりたがる病院がいいのか、診察とかちゃっちゃとやって患者が病状変化を言わない限り必要な薬をさっと出してくれるだけの先生。どちらが本当に患者にとっていい医者なのでしょうか。私は考えてしまいます。

 ニュースで医療費の高騰を言われていて、先に元局アナが人工透析について暴言を言って干されるという事がありましたが、そんな些末な事よりも必死に高価な検査をしようとする大病院の医師たちの方がよっぽど問題なのではないかと思います。

 -----

 それと、誤解があるといけませんので補足しておきますが、通院している病院は通院歴も長くて初期の段階では高血圧の原因を調べるための検査を何度かやっているということは申し添えておきます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競馬歴30年男の懺悔、天皇賞秋 | トップ | 規制を言うのは簡単だが »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。