ハローお馬ちゃん

ニュース、スポーツ、芸能、競馬
ぼちぼちやってます

無駄な審議?

2016-10-13 | ニュース

 補正予算案が可決し、いよいよTPPの発効に向けた承認への審議が始まりました。これから与野党の激しい論戦が始まって・・・、しかし、報道は全く盛り上がりを見せていません。東京都の問題や衆院補選の話題ばかりが盛り上がっているのです。それもそのはず、アメリカの2大政党の大統領候補が共に今のままでのTPPの承認には否定的であると明言しているからです。

 このTPP協定が発効する要件は、署名から2年以内に参加する12か国のGDPの85%以上を占める少なくとも6か国が手続きを終えれば、その時点から60日後に協定が発効するというものです。アメリカのGDP60.4%だけの反対で発効は不可能という事になります。なので、これから日本の国会でどのような議論があろうが、アメリカが議会で承認されなければ発効はできない。だから日本の国会での議論が無駄になる可能性が非常に高い。

 しかし、日本のGDPも17.7%なので、日本で承認を得られなくてもTPPは発効できないので、とりあえず国会の承認は得なければならないという何とも意気の上がらないことになってしまった。クリントン政権になった場合、議会承認が行われる可能性もありますから日本も国会承認は受けなければならないという・・・。

 本当にどうなるんだろうか。アメリカに振り回されるのもいい加減にしてほしいものだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016、プロ野球ペナントレー... | トップ | 日本の民主主義 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。