ハローお馬ちゃん

ニュース、スポーツ、芸能、競馬
ぼちぼちやってます

脅しの道具じゃない

2017-10-10 | ニュース

 衆議院選挙が今日公示されます。公示日前の3連休には、党首討論やら選挙絡みの話題だらけでした。公示日を過ぎれば投票日までは、あまりに酷いネガキャンも自粛ということですからね。

 そんな党首討論も数日前にも書きましたが、泡沫政党までが同じ発言時間ではまともな討論会になる訳もなく、外交や経済の深い議論には至りませんでした。ネットを見ていると、訴えたいことをフリップに書くところで、共産党は政策や理念じゃなくて安倍政治を止めると書いたんだそうな。どんな政策をするとかじゃなくて、とにかく政権打倒とか…呆れ果ててものが言えません。どうせ野党だから政策は考えてなかったのだろうけど。

 そういう報道の中でやたらマスコミが言うのが、「改憲勢力」で2/3を超えるかどうかということ。改憲勢力が獲得すれば、すぐにも戦争へみたいな論調です。去年の参院選以降はずっと2/3を超える状況でしたが、発議は行われていません。しかも、発議されたとしても国民投票で過半数を得ないことには改正されないのを、その手の報道は伝えな過ぎだと思います。

 こういう「9条」「戦争」で煽ることによって野党勢力に投票してもらう為のやり方で、それ自体に意味はありません。憲法を脅しの道具に使うことは、実は貶めていることに他ならないのではないだろうか。

 ------

 私個人的には、チマチマと数行加えるとかでなくて、自分たちで憲法を作ればいいとすら思っています。今の憲法はGHQによって押し付けられたものなのは明らかです。だからこそ、自分たちで自分の国の根幹を決めるという作業をやるべきだと思うのです。そこに国民の意思として戦争放棄を書けばいいということ。

 例えば、総理大臣が国会議員から選ぶことなんてのは「解散がある衆議院議員」から選ぶに変えるとか、一院制にするとか参議院に替えて識者による議院みたいなのでもいいのではないかとか。1票の重さは両院とも同じにしなければならないのかとか、9条だけではなくて日本の根本そのものを今考えてみるべきだと思うのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競馬歴31年男の懺悔、京都大... | トップ | 辛口がおいしいのに… »

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事