ハローお馬ちゃん

ニュース、スポーツ、芸能、競馬
ぼちぼちやってます

干したままの掛け布団

2017-08-09 | 日記・エッセイ・コラム

 台風の雨が、月曜日には我が家の周りでも一日中降り続きました。また、土日には連日強烈な雷雨も降りました。そんな急な雷雨の中、団地では外出しているのか洗濯物が干しっぱなしで突風に吹き曝しになっているのが我が家からよく見えたりする。

 そんな中で、たまに掛け布団とかがベランダの柵に干したままで雷雨に吹きさらされたままなのを目にすることもある。そして、その家の洗濯物は数日間そのままです。そう、ほったらかしなのです。

 もちろん、洗濯物が雷雨で吹きさらされた家の場合、大抵はまた洗濯しなおして干すという事になる。ほとんどの家ではそうしている。 だから、布団にしたって濡れたからそのままなのではないかといったん考えたのですが、夜もそのままな上に風で少し捲れたままなので干しっぱなしで間違いありません。

 何故こんなことになるのか考えてみる。老人であるか病気で、自分で布団や洗濯ものを干すことができないのではないだろうか。介護の人にしても、担当の曜日もあるので急な雨があったとしても行くわけにもいかないだろう。それでも、業者の人なら何とかするかもしれない。

 家族がこういう世話をしている場合なら、仕事等で行きたくてもいけない場合、こういうケースでは数日間放置も仕方がないとなってしまう。高齢化の進んだ古い団地では、こういった光景も当たり前なのかもしれません。なんか切なくなりますね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイドル感想・雑記・備忘録... | トップ | アイドル感想・雑記・備忘録... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。