フロリダ生活もついに10年目。英語ができなくても10年住めたよ。 良いか、悪いか、全くわかりません、が。

アメリカ移住もついに10年目
次はいつ日本に里帰りできるのかなぁ~。

読書の秋ですね

2016年10月18日 10時40分07秒 | Weblog
この間のブログに書いた

『プリッジと国歌の時の小僧の態度』について
話をしていた時に。

宗教の話もしていて。

『キリスト教と言えば、
 ダビンチコードは興味深い本だったな~。』

と私が言うと。

旦那が小僧に勧めてました、
『君も読んでみると良いよ。
 彼は事実をよく調べてから書いていると思うから。』
と。

あれから数日。

小僧がハマって読んでた。

やはり彼にとっても、面白い作品だったみたです。

『彼の英語力で読めるんだね。』
『日本語でも、キリスト教とか知らない私には特に一番最初の部分を
 物語が始まる前の最初の説明部分を理解するのに時間がかかった気がする。。。』
『小僧は、教会とか一切通ってないけど、キリスト教の事とか知ってるのかな?』

と旦那に言うと。

『英語はもう一切問題ないよ。英語を習得した小学校4年生くらいの時点で

アイツの第一言語は英語だよ。それにキリスト教の大体は、僕も説明しているし、

 友達とかとも話をするだろうからわかっていると思うよ。

 最近、世界史のクラスで仏教と神道とかもかじったみたいだし。』

と旦那。

神道って神話の世界だと思うので、意外と小僧には受け入れやすいと思うのですが。
(彼は結構、神話好き。ギリシャ、ローマ、エジプト、北欧と色々知っている。)

そういえば、旦那がこの間色々と神道の説明してたな~。

小僧はダビンチコードを数日で読み終え、

今は同じ作者の違う本を読んでます。

ハリーポッターと同じく。
この作者の本だけは、英語版と日本語版が我が家にある。

パーシージャクソンも面白そうと思うのですけど、
日本語版も流行りましたか?

本は、たとえ原作が面白くともそれを日本語に表現してくれる”翻訳者”の技量が
必要なんだなと、感じた事があるもので。

人気作品なので、上手な人が翻訳してくれているとありがたいのですが。

私も漫画とかアニメとかドラマとかばっかり見てないで、
『秋』ですし、読書でもしてみようかな~。


P.S.
旦那は、KindleとNook、両方持っていて、
それぞれに本が入っていて・・・・。
最近、久しぶりにシリーズ本の新刊がでるのでもちろん購入する気なんですが。

KindleとNookとどっちにそのシリーズを入れてるか忘れた…。
競合会社同士の端末を持って、それぞれで本を購入とか
ホントはやっちゃイケナイんじゃ・・・。

って、今頃。言ってます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近のお気に入り。 | トップ | VISAギフトカード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL