渡辺薫彦厩舎応援ブログ(完全非公式!)

2016年3月1日に開業を迎えた渡辺薫彦調教師と渡辺厩舎を地道に応援するブログです。

渡辺厩舎の出走馬 7月1日、2日

2017-07-01 02:20:13 | 渡辺薫彦厩舎
7月1日(土曜日)
中京6R 3歳未勝利 クリノハプルブルク 太宰啓介
中京11R 白川郷S(1600万下) ドラゴンバローズ 和田竜二

7月2日(日曜日)
中京8R 3歳上500万下 フォーチュンキセキ 菱田裕二
中京9R 木曽川特別(1000万下) トウキョウタフガイ 菱田裕二
中京11R CBC賞(G3) メイソンジュニア 菱田裕二
福島11R ラジオNIKKEI賞(G3)バルベーラ 秋山真一郎


今週は厩舎初重賞勝利の期待かかる2頭を含む6頭がエントリー!
いずれも楽しみです。

CBC賞のメイソンジュニアはNZTトロフィー2着以来の競馬。
体が強くないため、大事を取ってNHKマイルをスキップしたことでより一層の成長が期待できそうです。
渡辺センセーのコメントからもこの馬にかける期待が非常に大きいことがわかります。
53㎏の斤量を活かして厩舎初の重賞勝利を!
同じく初重賞のかかる菱田騎手の手腕にも大いに期待しています。
なお、日曜中京の3鞍はすべて菱田くん笑

同じく福島メインラジオNIKKEI賞にはバルベーラが挑戦。
小柄の牝馬で長距離輸送も気にかかりますが、連勝の力は決して侮れません。
メイソンと同じ馬主さんというのも素晴らしい。
おそらく勝てば馬主さんも初めての重賞勝利だろうし、メイソン共々何とかしたい。

他には前走1番人気を飛ばしてしまったドラゴンバロースが得意の中京で相性のいい和田騎手に。
ここは巻き返してもらわないと困る。

フォーチュンキセキも期待の1頭。
前走は伸びを欠く展開でしたが、休養明け走目。
変わり目に期待します!

7月に入り、競馬も後半戦がスタート。
ここまで渡辺厩舎9勝、ただし2着は18回・・・
もしここで重賞を勝てれば、後半に向けて大きな弾みになるはず。

期待しましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メイソンジュニア&バルベーラ | トップ | 渡辺厩舎の結果 7月1日、2日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

渡辺薫彦厩舎」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。