それゆけ!ぶんぶん一家☆ミ

不器用な3人家族と、ゆかいな仲間たちのブログです。

小豆島に出戻り石☆大坂城残石記念公園☆香川県の小豆島♪

2016-10-29 09:38:51 | 旅行

ず~っと引っ張っていた小豆島旅行ネタ。

やっと、最終回となりました。最後に立ち寄ったところは、半分寝てました。

なんせ、小豆島での最後の食事が、コンビニ食&コンビニ缶ドリンクでしたから。

バスに乗るなり娘っこ達は爆睡。私は読書に没頭。え?どこに着いたの?

大坂城残石記念公園。え?大坂(大阪)城ってか?へ?細川さん?

この『大坂城残石記念公園』って元内閣総理大臣の細川 護熙氏の手によるもの。

大坂城築城に携わった大名、細川家の末裔なのだそう。あらま。凄いこっちゃね。

ここは、香川県の指定史跡『大阪城石垣石切り飛ぶこし丁場跡及び小海残石群』(?)と一体化して

整備された都市公園なんだって。はい、よく分からないでしょ。

分かりやすく言うと、1640年代に大坂城を作ろうって時に、大坂城まで運ばれる予定だったのに、

なんだかここに残ってしまった40個の残石を並べて飾ってあるんだ。

大阪城の石垣になるはずだったのでしょうね。

でも、ここから大坂城に運び込まれたのは、いったい幾つあったのでしょうね。

小豆島から海を渡って恐らく陸送もしたのか?海から直大阪着岸?調べる元気がありません。

ただ、こないな大きな岩を運べる船が、その当時あったのだな。

そして建物の中は、大坂城残石資料館。

そこには当時の様々なお道具が展示されておりましたよ。ちょっと眠くって。真剣に見てなかったかも。

切り出し運搬、加工に使ったと思われるお道具の数々。

豊臣秀吉の大坂城築城時からの古文書なんかの資料や瓦・・・等々の展示があった。うん、あったと思う!!

大阪城の石垣のどれが、どこからやってきた石なのか、

そんなもん分からないけど。全く油断も隙もあったもんじゃない。

全く、大阪じゃないところで、大坂城の忘れ形見みたいなもんを目にするの。

以前見た、現存する唯一の大坂城遺構も島。滋賀県の島だった

この石(どう見たって石じゃなく岩なんだけど)は、一旦大坂を見てきたらしい。

この一つだけ、別のところに飾られてた。多分すり替えられても分からないようなもんなのだけど。

なんだか、ちょっぴり親近感が湧いてしまうんですけど。これ、太閤石って言うのだって。

里がえりって、一旦帰郷じゃないのだから、結局は出戻り太閤石ではないの?

でも。なんでお里が小豆島と知れたのでしょう?400年も経ってるのに。

石の成分なのだろうか?石のDNA鑑定をしてみた・・・とか?

それにしても、奥が深いな戦国時代。若い時、もっともっと勉強しておけば良かったよ。

さ、バスに戻りましょう。

道の駅 大坂城残石記念公園

香川県小豆郡土庄町小海甲909-1

問い合わせ  0879-65-2865

開館時間 9:00~17:00(入館は16:30)

休業日 12/29~1/3

これで、小豆島1泊バスツアーのスケジュールが終わりました。

もうお腹いっぱい、小豆島観光スポットを巡って、目まぐるしい2日間。

また、来るかどうか分からないけど。バス発射時間まで、小豆島からの瀬戸内海を眺めていました。

そして、バスは小豆島の大部港からフェリーに乗って、岡山県の日生港へ。

フェリーの中では大雨でしたよ。

あまりフェリーの中では天候は関係なかった様子の娘っこ達は爆睡・・・。椅子から落ちるし。

私は、しばし読んでいた本から大雨の瀬戸内海を眺めてました。

最後に撮った、小豆島写真はバスからの大部港にて。

ほんとに楽しかった2日間でした。みっちり2日間、ファミリーで一緒にって事なかったし、

3人でボケ&突っ込みの連続、そして小豆島の大自然・景観に心洗われ癒されて。

添乗員さんにも運転手さんにもバスツアーの方々にも、そして小豆島の方々にも、

とってもお世話になりました。素晴らしい旅を、ほんとにありがとうございました(Byぶんぶん一家)

命を預けた運転席

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『香川県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せは100円で買えるのか?☆... | トップ | 名物は大根ポルチーニソース... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愚昧親爺)
2016-10-30 05:59:47
小豆島編も楽しく拝読いたしました。
小豆島というと、オリーブと孔雀のイメージがあるのですが、もう孔雀はいないんでしょうかね( ̄O ̄;)
親爺様。 (ぶんぶん)
2016-10-30 10:40:07
はい、小豆島やっと終わってホッとしました。

孔雀にはお目にかかりませんでしたが、
確かにあったのですね。
1970年に開業した小豆島孔雀園は
2008年に閉演したようです。
行ってみたかったです。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事