それゆけ!ぶんぶん一家☆ミ

不器用な3人家族と、ゆかいな仲間たちのブログです。

加太淡嶋温泉は美人の湯☆大阪屋ひいなの湯☆和歌山市加太♪

2016-11-08 05:14:47 | おでかけ

ピンクの可愛い”めでたいでんしゃ”で、加太に到着し、

徒歩で何となく・・・人が歩く方向へとトコトコ歩いて行きました。

あまり・・・何もないのな。途中でご当地ソフトクリームなんてのも期待してたんだけど。

難なくお宿に到着。宿・・・。そう、湯ったり日帰り小旅行にやってきました。

淡嶋神社の横にある、加太淡嶋温泉・大阪屋・ひいなの湯です。

入ったら、さすが淡嶋さんのお隣、ひな人形が飾ってありましたよ。

こちらで温泉と加太御膳のお食事を楽しめる日帰りプランを、予約したのでした。

11:00~14:30まで、個室でゆっくり寛げます。

お部屋に案内されて、まずは一目散に温泉へGO!

まだ誰もいなかったらね。写真撮れるかも。なんて。

脱衣場。あ・・・残念。お風呂は撮れないやって思ったら、

先客1名様も同じ考えだったらしく、お風呂の写真を熱心に撮ってて。カメラ持った私を見て手招き

源泉名は”加太淡島温泉”。 泉質はナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉。

泉温は、気温27.0℃で、源泉25.5℃。湧出量、111L/分(動力揚湯7.5馬力)

適応症は、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり・・・etc・・・・。

う~ん、美肌・アンチエイジングは無さそうだよ。

でも、パンフレットには、『お肌がつるつるになることから美人の湯とも言われてる』って書いてあって。

そうだっけ?同じ和歌山の龍神温泉は日本三大美人の湯だったけど。

(あとは島根の湯ノ川温泉と群馬の川中温泉なのだ)

3本の指からは漏れてしまっただけって事にしておこう。

だって美人の湯って呼ばれるのは炭化水素塩泉だっていうから、美人の湯チームだよ。

さ、ひいなの湯の、自慢の露天風呂をごあんな~~い

船の形なのだ。全部木で出来てるしね。なんだか温かみが感じられて良い感じ~。

そんなにいっぺんに沢山の人が入れないけどね。ああ、先にお風呂にやってきて良かったよ~。

しかし・・・囲いが低すぎないか?向こうから見えるんじゃないの?

お外はこんな感じ。

ね。立ち上がったら向こうから丸見えなんちゃうん!?

この時は、写真を撮っただけ。

さっさとお部屋に戻らなくっちゃ、お部屋にお食事の用意をしてもらっておりますの。

お食事後にゆ~っくり炭化水素塩泉をお肌に浴びにきますね。

(実際、食後に1時間以上浸かってましたが・・・美人にも美肌にもなってないよ)

女湯から出ましたら、こんなサービスが

加太の名物やね。ところてん。

こんなちっちゃな心遣いで大きな暖かさを感じるね。

加太のところてんは、とっても美味しい。

ちゃんとお風呂に入った後に、頂くことにして・・・お部屋に戻りましょう。加太御膳がまってるから

加太淡嶋温泉 大阪屋 ひいなの湯

和歌山県和歌山市加太142

TEL 073-459-1151

http://www.hiina.com/index.html

 

 

 

 

 

『和歌山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加太さかな線めでたいでんし... | トップ | ゆっくり加太御膳を部屋食で☆... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おでかけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。