それゆけ!ぶんぶん一家☆ミ

不器用な3人家族と、ゆかいな仲間たちのブログです。

星組公演限定!観劇前の芋焼酎『薩摩 桐野』☆宝塚大劇場♪

2016-09-18 14:58:26 | 宝塚とか

楽しみにしてた土曜日。やっとこの日がやってきた。

この日は、宝塚歌劇団の星組公演の観劇に、宝塚大劇場へ。

星組トップスター、北翔海莉さん&妃海風ちゃんの、添い遂げ退団公演でもある。

すっごいらぶらぶで可愛くって大好きなトップコンビだから、

も~残念で悲しくって仕方ないのだけど、最後の公演、思いっきり楽しみましょう。

11時公演。・・・10時30分開場からの30分の間に、やらなくてはならない事がありますの。

宝塚大劇場の改札内、開演前と幕間だけ営業なさる特設カウンター。

この星組公演『桜華に舞え』にちなんで、みっちゃん(北翔さん)演じる主人公の、

桐野利秋の名を冠した芋焼酎、『薩摩 桐野』を販売中。

普段、焼酎はお湯割りで飲むのだけど、ロック・水割り・ソーダ割りの三択で。

ここは記念だから、ロックで頂きました。

そして、ピンクなのは、『薩摩 桐野』をベースに、桜のシロップを加えてソーダで割ったカクテル。

アルコール度数を約4%に抑えた甘口カクテルは『桐野桜』って。

並べると、みっちゃんと、ふうちゃんコンビを見てるかのよう。

時は幕末の動乱期。人並み外れた度胸と剣の腕で、明治維新の立役者の一人ともなった桐野利秋ロック。

そして、薙刀を手に勇敢に官軍と渡り合う、会津藩の武家娘、大谷吹優カクテル。

『薩摩 桐野』は、鹿児島県指宿市の中俣合名会社さんの芋焼酎。

年間の販売数量が決まってる超限定品らしく、桐野シリーズはネット販売禁止だとか。

激動の幕末時代を波乱万丈に生きた桐野利秋の名の芋焼酎。 アルコール度数は25度。

芋は鹿児島県の黄金千貫、麹米は福岡県の山田錦を使った甕仕込み甕貯蔵。

桐野利秋を思い起こすような、しっとりとしたふくよかな芋の香りと味・・・って書いてあったのだけど、

普段、麦焼酎しか飲まない軟弱物。でも、記念だからってロックを買っちゃいましたが。

ああ、これ、いけるわ。飲めるやん。芋って苦手って決めてかかってただけなのか、

それとも、観劇前の興奮からなのか、ありゃりゃ、むちゃくちゃ美味しいや~っはん

さあ落ち着いて、そろそろお席に着きましょう。

お二人の添い遂げ退団公演、一言も聞き逃すまい。一瞬も見逃すまい。

では、1幕を楽しんできまっす

宝塚友の会からのチケット購入、トップ退団公演は1枚ずつしかエントリーできないので、

ここで、お連れとはお別れ。お一人様観劇なので・・・・も~涙ボロボロ。

感動の舞台をありがとう。 で、幕間にはラウンジにて集合・・・・そのお話はまた明日

 

 

 

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ村に静かに佇むええ... | トップ | 星組トップコンビ退団公演限... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

宝塚とか」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。