Satoru's diary

日々の想いをつづります。
I write down daily thought. ^^

サラリーマンは靴が命? (1/4 革靴編)

2017-04-21 14:15:40 | 持ち物?
21st Apr 2017 (Fri) サラリーマンは靴が命? (1/4 革靴編)

また新しい仲間が増えたので更新します。 サラリーマンは靴が命。 サラリーマンでなくても靴は重要です。 良い靴を履いて歩かないと膝や足を痛めてしまい、老後を楽しむために働いてきたのに、定年後に腰やひざを痛めて歩けなくなってしまったら、人生台無しですから、若いうちから少しずつ準備しておきましょう。

さて、私の場合(なぜか?)靴が長持ちしてしまいます。 私が歩かないからかもしれませんし、良い靴を購入しているから壊れないのかもしれません。 とにかく、靴が長持ちするので、玄関が靴だらけになっています。 @断捨離って何ですか? という状態で、そろそろコレクションと呼んでもいい感じになってきました。

という事で、何回か記している靴リストを更新します。 知らないうちに? 合計すると48足「も?」持っていたので、革靴編、雨の日用の靴、スニーカー、サンダルと4回に分けて、今持っている靴をリストアップします。


まずは、サラリーマンなので革靴からスタートです。

1. イタリア製メッシュの革靴(茶) 3年愛用。 マッケイ製法+革底です。 柔らかい革を使っているローファーなので、フォーマルには使えませんが履き心地がとても良いです。 上部はメッシュ+革底タイプなので夏でも蒸れにくいので、暑いバンコク駐在用に購入しましたが、現在は日本の靴箱で眠っています。 多分10年は履けると思いますが、メッシュなのでメッシュ部分が壊れるかもしれません。 とにかく、形がカッコいいので通勤にも週末にも使えます。

2. スペイン製エナメルの革靴(黒) 1年愛用。 マッケイ製法+革底です。 内羽根式なのでフォーマルにも使えます。 硬い革を使っているので現在馴らし中です。 バンコクのデパートには意外といい靴が売っているんですよ。 こちらも多分20年は履けると思います。 細長い靴なので、カッコいいし、エナメルなので、メンテナンスが楽でいつも靴が綺麗で気持ちが良いです。

3. 英国製Loakeの革靴(赤茶) 数日愛用。 グッドイヤー・ウェルト製法+革底です。 転職祝いとしてバンコクで買いました。 外羽式なので普段の通勤で使い込みたいと思います。 意外と? 靴擦れに悩まされずに履きこなせそうです。

4. タイ製かな? ちょっと先が尖った革靴(黒) マッケイ製法+革底です。 内羽根式なのでフォーマルにも使えます。 現在2ヶ月愛用。 既に革底が摺れてきたので滑ることが少なくなりました。 柔らかい革なので靴摺れの心配なく履けています。

5. タイ製かな? 色がベージュなのでスニーカー使いできそうな革靴(ベージュ) マッケイ製法+革底です。 内羽根式ですがカジュアル用です。 マッケイ製法ですが革底の淵は縫い合わさっています。 現在1ヶ月愛用。 硬すぎず、柔らかすぎない、調度良い感じの革なので靴摺れの心配はありません。

6. Clarksの定番ローファー(赤茶) 3年愛用。 セメンテット製法+ゴム底です。 アメリカのアウトレットで安く購入しました。 柔らかくも硬くもない革で、すぐに私の足に馴染みました。 こちらはゴム底なので雨上りも気兼ねなく履けます。 通勤にも使っていますし、最近買ったジーンズにも合わせやすいので重宝しています。

7. REGALの革靴(黒) 12年愛用。 マッケイ製法+革底です。 内羽根式なのでフォーマルにも使え、冠婚葬祭用として使っています。 12年でそんなに履いていないので、現在もほぼ新品同様です。 履く頻度からいって多分一生物かもしれません。

8. REGALの革靴(こげ茶) 10年愛用。 マッケイ製法+革底です。 内羽根式です。 意外と硬い革を使っていて、1年以上靴摺れに悩まされましたが、かなり履いた結果、いい味が出てきました。 既に私の足の形に革が伸びているのでとても履きやすいです。 形もボテッとしていないので、お気に入りでもあります。

9. REGALのローファー(茶) 7年愛用。 セメンテット製法+ゴム底? これもかなり履いています。 普段通勤に使っていますが、硬い革でまだ私の足の形に伸びていません。 元々ローファーで履きやすいし、週末のお出かけにも合わせやすいです。

10. REGALのローファー(白) 7年愛用。 セメンテット製法+ゴム底? 柔らかい革でできてるので履きやすいです。 白い靴はメンテナンスが面倒ですが、こちらも履きやすいので気に入っています。 当然ですが? 通勤には使っていません。

11. YSLのローファー(茶) 17年愛用。 グッドイヤー・ウェルト製法+革底です。 結構履いているのに綺麗です。 17年ですよ。 17年の間には何度も雨に会い、何度も乾かした靴です。 17年履いた現在でも綺麗な形を保っており、いい味が出ています。 元々茶色と黒の靴を買い、黒の革靴は10年位履いて、かかとがすり減った段階で、補修せずにさよならしました。 この茶色の革靴のかかとは2回位交換しています。 YSLの革底の靴は長持ちしますので、お勧めできます。

12. Hash Puppiesのローファー(茶) 3年愛用。 製法を語る靴ではありません。 Hash Puppiesの靴は初めて買いました。 軽くて、柔らかくて、超履きやすいのでお気に入りです。 ローファーなので何にでも合い、主に週末に履いています。 ただし、長持ちしそうな靴ではありません。 それなりに履いたら、それなりに痛み、寿命が来ると思われます。 @ただし、初めての靴なのでまだ分りません。

13. Dr.Schollのローファー(茶) 1年愛用 これも製法を語る靴ではありません。 Dr.Schollらしく、中敷の土踏まずが盛り上がっていて歩きやすいです。 革底ではないので、濡れた公衆トイレや雨上りも気兼ねなく歩けます。 Dr.Schollのセールでお安く買えた靴です。 意外と長持ちしそうな丈夫な作りです。

14. Pierre Cardinの革靴(茶) 未使用。 セメンテット製法+部分的革底です。 バンコクの伊勢丹で購入後履いていません。 柔らかい革の革靴で、恐らく?履きやすくて歩きやすいと思います。


...と合計14足が活躍中です。 多分、定年まで革靴買わなくても生きていけそうです。 @でも、良い靴見ると... 買っちゃうんだなぁ~

ちなみに... バンコクでは... Santoniという靴好きの人が好きなイタリアのブランドの靴や、英国ブランドであるChurch'sやJohn Lobb、Tricker'sというブランドの靴も日本よりお得に買えます。 英国製の靴(グッドイヤー製法が多い)はカッコいいのですが、硬くて履きなれるまで時間がかかるので、イタリアに多いマッケイ製法+柔らかい革の靴が私は好きです。 沢山靴を収納できるスペースがない生活だったら、John Lobbの靴を買って育てますが、今はいっぱい靴を収納できるので、高級ブランドでない靴を色々チャレンジできます。 @まだ長持ちするか分かりませんが、タイ製の革靴も意外といい革を使い、丁寧な作りをしているんですよ。 @しかも、安いし...
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイ(バンコク)から日本に... | トップ | サラリーマンは靴が命? (2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。