HELLHOUND-FILES 3

さすらいのブログ「HELLHOUND-FILES」からの続きもシーズン3になっちゃいました!

雪の日に

2016-01-31 20:48:18 | 日常

朝起きて(休日です)テレビ見ていたら雪が降ると。



じゃあ、コーヒー飲みに行こうかとか思いまして、雲行き見ながら行ってみたら血の痕がありました。
おそらく、ワナに掛かったヤツをヤッちゃって軽トラで運び、上の道から下ろして解体した様子。
川の中に肉片が落ちていました。
あんまり雪は降らなかったし・・・

さて、せっかく川原に来たので「急性シェルターシンドローム」で使った倒竹を使ってシェルターを作ろうと思いました。
竹を少し加工します。

枝の付け根を残しシートのループを引っ掛け、引っ張りながら対角線の先を竹の上に縛ります。


竹をフレームとしてシートの両側をパラコードで引っ張るとこんな感じになりました。

シェルターの前に解体されたイノシシのパーツが写真左側に頭と足、真ん中に足の関節の骨(見えます)、右側に毛皮が在ります。
アップの写真も有りますが、載せるのは止めときました。
そんなわけで、コーヒー飲もか。



今回は固形アルコールストーブ“Esbit”を使います。
砕いて使いますが、なかなか着きません、そこで、ススキの穂に混ぜて着火させました。
バラバラなイノシシを眺めながらのコーヒーはなかなかシュールです。

今回のシェルターは夏に沢で作ったタイプの応用です。
●石垣を作り保温性を高める
●地面に細い枝や草をを敷くとケツが温かい
丁寧に作れば居心地は良くなります、コーヒー飲むには十分だけどね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« C.Q.C-STD プロローグ | トップ | TRAIL-PROTO プロローグ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
敷物 (ブッシュマン)
2016-02-14 00:23:59
お得意の少し大きめのナイフでササやススキを刈って敷きこむと快適ですよ。以外と痛くない。下が濡れていても染み上がってこないです。焚き火の上に敷いて寝ると暖かい。タープは風上の裾はピッタリだと暖か。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事