名古屋戦記【カモフララストライブ】

大分空いちゃいましたが去る1/3は近年応援している二つのアイドルの一方、
CAMOUFLAGEの主要メンバーがガッツリ卒業する現体制のラストライブでした。

去る1/3は近年応援している二つのアイドルの一方、
CAMOUFLAGEの主要メンバーがガッツリ卒業する現体制のラストライブでした。


開催は本拠地の名古屋、今池ボトムラインなんだけど、
「これは見ない訳には行かない!」と思い、
遠出しないヲタクとして人生初の遠征に出かけてきました。

カモフラ4年の中で作ってきた全45曲を全てやる!と言う事で4時間以上のライブ。

カモフラは元々は正統派アイドルポップで、3周年を機にテクノ~クラブサウンドに切り替えて
二つの曲調があるのだけど、リリース順かと思いきや双方の顔を交互に見せる好セトリ。
沸きとノリとが上手く混じった理想のライブ。
曲調、客層が違うからかもだが天井の高いライブハウスであるボトムラインが
まるでコンサートホールに幻視するほど眩しい良いライブだった。

アンコールのラスト曲の最後のフレーズで音が止まりアカペラになる。
ニクい演出かと思ったが、後から社長のコメントを見たら
演出じゃなく本当にトラブルだったとか。そんな事ある!?ってくらい奇跡的。
最高のライブだっただけにメンバーの
「そう言うライブをもっと早くできれば良かった」と言う言葉が刺さる

カモフラはパフォーマンスも曲も十二分なのに
突きぬけきる事が出来ないままと言う印象で正直「惜しい」と言う気持ちだし
野暮を言えばまだまだ見たかったけど、
勿体無さも粋だと強がって、本ライブのサブタイトルのように
さようならじゃなくてありがとうを言おう。

残ったあずさちゃんやかまちょが新カモフラを見せてくれるまでゆっくり待ってる。




思えばカモフラは元PiGUのみきてぃが加入したから見に来たんだった。
みきてぃはラストライブ前からライブまで
「こんな終わり方で、結果も残せず申し訳ない」ってよく言っていたのだけど
最高に楽しかったからありがとうを言いたい。

持論だけどアイドルはファンの心に残した軌跡だと思っていて、
人数はさておきしっかり焼き付けてきたんじゃないかなぁ。
個人的には今までで一番応援したアイドルだったと思う。
強いて言えばもっと大きい舞台まで連れてっていけなかったのが逆に申し訳ない。

カモフラもだけどソロも良かったんだよ。
アルトの伸びがある声もいいし、曲も良いので埋もれて消えて行ってしまうのは惜しいなぁ。
我慢してたけど欲を言えばまた歌って欲しいな。


カモフラでのラスト絵は動物衣装で最近好きな曲ガッツリホルモン。


ドンドン似てきた気がするw
しんみりしたとは言えツイッターとかには普通に居るんだけどねw


後期のライブ動画→●リンク●
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ドルヲタ終焉... 草野亜希子フ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL