平和の為に何をやれるか、愚行積善備忘録、園田幸二のブログ

人間『死ぬまでの暇潰し』と思ってみても、日本人として、日本文化を愛し、歴史伝統を護りたい。日本の安寧祈願。旅

娘の総理の姿を見ずに往った

2016-10-14 22:23:54 | 領土保全の為に
稲田朋美さんの父上

椿原 泰夫氏(つばきはら・やすお)
8日午前6時8分に死去、
84歳。葬儀は近親者で済ませた。
後日、お別れの会を開く。

朋ちゃん、国会中、
お別れの会をやらねば、
ならんね。 

84歳か、
脳梗塞で倒れ、
リハビリでだいぶ良くなっていたのに、
背が高く、
ダンディーな人だった。

娘の話になると
結構面白かったし、
まだしゃんとしてたがなあ~
朋ちゃんが総理になる事を見る事もなく、
往ってしまった。

ご冥福をお祈り申し上げます。
心より、
『また一緒に飲みましょう』
と別れの言葉、


一人で中国の仙台進出を阻んだ、
梅原元仙台市長、
中国への反感は、
朝日新聞への反感、
よって、
その後、執拗な朝日新聞の嫌がらせ結果
仙台市長を辞めた、
今は大学教授
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリンピックバッジ | トップ | 増える荷物 整理せねば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。