平和のつくりかた

「戦争のつくりかた」という絵本を読み(今の平和を守るためには、何かをしなければ!)とこのブログを始めることにした。 

「戦争のつくりかた」絵本 ウェブ絵本 動画の紹介

2017年05月19日 15時21分51秒 | 平和のための勉強資料

   平和を維持して、守っていくには、まずしっかり勉強しないといけないと思い、勉強を始めた。
   まず、最初の勉強資料の紹介は、なんといってもこのブログを私が開く決意をするきっかけとなった「戦争のつくりかた」について書かなければならないだろう。

   
    <左は後で私が入手した2004年の初版改訂版で、右は私が見つけたマガジンハウスを発行者とした版です>
   
   図書館の本棚で、私を待っていたように、小さいが、しかし凛とした赤い字で書かれた「戦争のつくりかた」という題が、私の眼の中に飛び込んできて、私の足を止めた。

   開いてみて、内容にくぎ付けになった。

   では、あなたもそのページを開けてみてください。
   簡単です。この本は、より多くの人によんでもらうための本で、利益を目的として書かれたものではないので、ウェブでも公開されて簡単に読めます。ココ<https://sentsuku.jimdo.com/>を開いてみましょう。左のWEBで読む(和・英・露)をクリックすると、私の読んだ本と内容は同じですが、「新・戦争のつくりかた」という挿絵とかが少し違っている絵本で読むことができます。やや見づらいですが、右の→をクリックでページがめくれて最後まで読めるようになっています。

   今は動画も作られていて、youtube で「戦争のつくりかた」として、公開していて見られます。

   これを読むと、なんだか今の現状がとてもここに書かれた状況と似ていて、どんどん戦争をつくる道に私たちが追いやられているのではないかと、恐ろしさを感じます。 

   このサイトには、実際に起こり始めている事実も合わせて掲載されており、本文の解説もつけられているので、できたらそこも参考に勉強してみましょう。

   amazonのカスタマーレビューで、この本の感想を読むと、星5つが多いものの、それと同じに星1つというのも多いです。
   あなたは、どちらの感想を持ったでしょうか?

   ともあれ、今思った感想をもって、さらに勉強を進めていきましょう。
   感想をコメントに残して下さって、意見を交換するのもいいですね。

   私は、この絵本を読んで、同感して身が引き締まる思いがしました。
   そして、戦争の道に進まないためには、今 何をしたらいいのだろう!?

   それについて、この本は書いていません。
   絵本を読んだこどもたちには、<おとなたちに、「たいへんだよ、なんとかしようよ」と言ってください>と言っていますが・・・・

   そのあとは、「わたしたちは、未来をつくりだすことができます。戦争しない方法を、えらびとることも」
   と締めくくって、終わっています。

   大事なのは、その先です!
   そのために、私はこのブログを立ち上げて、みなさんと一緒に知恵を集めていきたいと考えました。
   よろしくお願いいたします。

   まずは、現在をどうとらえるか、勉強から開始します。
   そして、おいおい「平和のつくりかた」として、平和をつくっている人々の紹介と、活動をしっかりみんなで支えていけるように、そちらのページも書いていきたいと思っています。
  
   *では、感想のある方、コメントをよろしくお願いいたします。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 平和のつくりかた 「アフガ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

平和のための勉強資料」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。