丙丁童子の為替レポート    (FF11もどうぞ)

丙丁童子追って火を求む「青年の思索のために:法眼と玄則ー下村胡人」、FF11/為替レポートはカテゴリーで選択してください

旧為替週報 2014/1/4

2017-06-15 17:01:42 | 2012_14 為替週報
    2014/1/6 から     2014/1/10 まで 記入日 2014/1/4
1.来週の見通し                                                    
    ドル/円         103.00   107.00                      
                                 
                                   
      現在の市場はQE3の出口への到達を前提としている。その方向性自体に影響を与える可能性のある、週末の米国雇用統計に注意が必要であろう。まずはドル/円にとっての下(円高)値固めが103.50より上となるかが週初の注目点で、おそらくはドルロングに傾いている市場がポジション調整にどの程度まで円高に戻すかがポイントと考える。週末の雇用統計で好調な状況が確認されれば、もう一段のドル買円売りとなるだろうが、そこで不調な数字(失業率が7.1に後退や非農業部門就業者増加数が15万をも切る)がでた場合は発表前の相場水準によっては、もとのレンジ相場に逆戻りする可能性も考えておく必要があろう。  
       
       
       
       
       
       
       
                                                                     
    ユーロ/円         140.00   145.00                      
                                 
                                   
      週央のドラギECB総裁の会見と、週末の米国雇用統計が来週の注目ポイントとなろう。金融緩和の必要性をECBは認識していても、それを許さない頭の固いドイツ連中との間の距離は先の総選挙後さらに広がった可能性がある。連立したSPDが欧州全体のための観点からその方向性を変えてくれることを期待するのには無理があるのだろうか。最近の欧州の政治家(特にフランス・英国)は、自国の利益しか頭にないような行動が多く、ユーロ崩壊の危機がまたいつ起こっても不思議でない。政治面での統合に進まない限り、通貨連合自体が変質していくことを頭の片隅にいれておく必要があろう。  
       
       
       
       
       
       
       
       
 

当資料は情報提供のみを目的として作成したものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。当資料は信頼できると判断した情報に基づいて作成されていますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。ここに記載された内容は事前連絡なしに変更されることもあります。投資に関する最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い申し上げます。また、当資料の著作権は著者「丙丁童子」に属しその目的を問わず無断で引用または複製することを禁じます.


 
   
   
   
                                                                     
  レポート格納フォルダへのリンク                        
     

丙丁童子の為替レポート

 
     
     
    格納レポート  
    20140104 _01来週の予想 予定            
    20140104 _02先週の動き            
    20140104 _03先週の経済指標等            
                                                                     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧為替週報 2014年分 | トップ | 旧為替週報 2014/1/11  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。