丙丁童子の為替レポート    (FF11もどうぞ)

丙丁童子追って火を求む「青年の思索のために:法眼と玄則ー下村胡人」、FF11/為替レポートはカテゴリーで選択してください

旧為替週報 2014/3/8

2017-06-18 12:33:01 | 2012_14 為替週報
    2014/3/10 から     2014/3/14 まで 記入日 2014/3/8
1.来週の見通し                                                    
    ドル/円         101.50   105.00                      
                                 
                                   
      現首相が戦前の亡霊(or昭和の妖怪)にとりつかれているリスクよりは、確かに欧州での戦争や日本の隣国での民族弾圧・領土的野望が現実化するリスクのほうがはるかに大きいだろう。アベノリスクは消えたわけではないが相対的な大きさははるかに小さいと、さて外人投資家は投資マインドを変化させるのだろうか。余計な心配を引き起こさないように経済(デフレからの脱却)を常に最優先に、平和第一に政治・外交運営を心掛けてほしいものだ。さて久々に外人投資家の日本株回帰がみられるかが 来週の焦点だろう。「帰ってこいよ」の期待をこめた相場予想としたい。来週は日銀の政策決定会合で消費増税対策の追加策がうたれるか、その可能性への言及に注目が集まろう  
       
       
       
       
       
       
       
       
       
                                                                     
    ユーロ/円         140.00   146.00                      
                                 
                                   
      ウクライナ情勢は余談を許さないが、ロシアのクリミア支配(併合)を事実上認める中で事後的な経済制裁の内容をいかにするかという観点に移りつつあるように思える。ウクライナ全体にロシアが侵攻することはなく、欧米・ロの全面的軍事対決は避けられるとの見方が定着しつつあるように思う。まったくズデーデン割譲と同じではないか。ロシアの領土的野望(そもそもの自分の領土との意識)がこれにとどまるとは思えない。どこかの隣国と全く同じだ。またも失態コンビは歴史の評価をうけねばならない。パックスアメリカーナ崩壊の一里塚のひとつだ。  
       
       
       
       
       
       
       
       
  当資料は情報提供のみを目的として作成したものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。当資料は信頼できると判断した情報に基づいて作成されていますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。ここに記載された内容は事前連絡なしに変更されることもあります。投資に関する最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い申し上げます。また、当資料の著作権は著者「丙丁童子」に属しその目的を問わず無断で引用または複製することを禁じます。  
   
   
   
                                                                     
  レポート格納フォルダへのリンク                        
     

丙丁童子の為替レポート

 
     
     
    格納レポート  
    20140308 _01来週の予想 予定            
    20140308 _02先週の動き            
    20140308 _03先週の経済指標等            
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧為替週報 2014/3/1  | トップ | 旧為替週報 2014/3/15  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。