丙丁童子の為替レポート   

主にドル/円 ユーロ/円 (豪ドル/円) 為替相場に関係する情報を掲載。日々の注目ポイントと週報で構成

丙丁童子の為替レポート 週報 2017/7/17 - 2017/7/21

2017-07-15 08:15:02 | 為替週報(2017年5月以降)
    2017/7/17 から   2017/7/21         記入日 2017/7/15
1.来週の見通し                                      
    ドル/円         111.50     114.50                      
                                   
                                     
      来週の日銀政策委員会では、量的緩和の継続 従来の金融政策の堅持が確認されると予想する。(ここで一段の緩和はありえないが、欧米に続いて日本も出口接近ということもありえないだろう。) ただ、これが 海外勢にどこまで浸透するか行動に現れるのかは予測不能で、相変わらず日本の金融政策も量的緩和縮小にむかうとの思い込みを払拭する努力が日銀に求められるのかもしれない。また、加計問題の進展(閉会中審査への首相出席)、内閣支持率の動向あるいは米国の対北朝鮮の動き(対中100日期限切れ)にも要注意だろう。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
                                                 
    ユーロ/円         128.00     132.00                      
                                   
                                     
      来週のECB政策理事会で、量的緩和縮小方針が確認されると思うが、これに関してどのような発表がなされるのか興味深い。(確か今回はドラギ総裁の定例会見は予定されていないと思う。)6月27日のある意味予想外のドラギ総裁発言でかなりマーケットの地合いが変わったあとだけに、その発言には注目が集まるものと思われる。
     
     
     
     
     
  当資料は情報提供のみを目的として作成したものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。当資料は信頼できると判断した情報に基づいて作成されていますが、その正確性、確実性を保証するものではありません。ここに記載された内容は事前連絡なしに変更されることもあります。投資に関する最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い申し上げます。また、当資料の著作権は著者「丙丁童子」に属しその目的を問わず無断で引用または複製することを禁じます。
 
 
 
                                                 
  レポート格納フォルダへのリンク                        
     

丙丁童子の為替レポート

   
   
    格納レポート  
    170715 _00来週の予想            
    170715 _01相場を考える            
    170715 _02先週の動き            
    ケイ線画像の関係か、「相場を考える」がビューではうまく表示されないことがあります。 ダウンロードしてご覧ください。
   
    20170710_14 _経済指標実績                        
    20170708_14 一週間分日経メール                        
    20170717_21 経済指標来週の予定            
    20170717_21 外交安保-時事国際_来週の予定            
    みずほ銀行 「外国為替ダイジェスト」Pdf  170710   170714            
 


                                               

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014フィリピンペソ週報 : 20... | トップ | イエレン議長 議会証言 日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL