アキバエイデン

デジタル製品、ソフトウェア、オーディオ、
アキバ色に染まる情報を提供します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Xperia Z4(Z3+)は買わないほうがいい、CPUのs810のせいで熱暴走する欠陥品。

2015-06-15 17:33:48 | スマホ


S810搭載のスマホを買わないことに大きく忠告する。
S810は8コア(4+4 big.little) 64ビットでsnapdragonの最新のCPUですが、今回のアーキテクチャはSnapdragon独自のものではなく、
ARMのアーキテクチャです。
確かに最大パフォーマンスはすごい。ベンチマークで叩きだしたポイントを見れば性能いいと思わせるだろう。
けれど、実際は発熱問題がある欠陥品です。
その熱を抑えるため、解決方法はただ一つ、CPUのクロックを下げる。
また、高温の故、BIGは一旦工作を休む、LITTLEに任せることもある。
(本来BIG LITTLEというのは軽い仕事をより省エネで弱い4コアのLITTLE COREに任せる、より重い処理はBIGにまかせる)
そう、これで本末転倒だ。

その結果、S810は全然パフォーマンスが良くないし、熱い!

だから、本当に情強はS810搭載のスマホを全部無視して、次期のS820(またsnapdragon独自のアーキテクチャ)搭載のスマホを買うことに検討する。




そしてご存知の通り最近発売したXperia z4(国際版はz3+って名前)はs810搭載だ。
そしてググってみればわかるはず。ユーザーたちはもう阿鼻叫喚です。86度達した報告もある...
そして、つい最近ソニーもこの発熱問題があることに認めました。

近いうちにアップデートの形にこの問題を解決する。
まぁ、手段はもちろんクロックダウン、CPUコアの性能を制限することだ。

あと、Z3cとZ3はバッテリー持ちがスマホの中最強というのに、
Z4はその優れるバッテリー持ちを継いでないようですね。やっぱ全部s810を使ったせいだな。
バッテリー持ちが夏モデルのなか最悪のようです。
Xperia Z4 SO-03Gのバッテリー比較、実使用時間が夏モデルで最低であることが判明

だから私は決してXperia z4を勧めない。Z3 compactやZ3の方を押す(発熱問題なんて一切ありません)。
(ブログ内にz3cのレビューがあります。)


以下は関連記事。

Xperia Z3+ overheating issue confirmed by Sony

Xperia Z4の前評判、「やはり発熱がヤバい」

Japanese Xperia Z4 owners complain of heat issues

Xperia Z4、発熱新記録を樹立。その温度なんと86℃!
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ASUS vivotab Note8 アマゾン... | トップ | [自作ソフト] AudioSync 1.0.5 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
発熱 (雪兎)
2015-06-14 21:40:28
今はiphone5sを使ってるんですがその前は富士通東芝のArrows Z(au ISW11F)という機種を使っていたのですがこれが発熱がものすごくてよく機能停止してました。それがxperiaでも起きると考えるとなんだかなぁーって思いますね。
Re:発熱 (heiseikiseki)
2015-06-15 16:09:33
ソニーのせいではないです。正確に言えばCPU提供のSnapdragonのせいです。(が、責任はありますが。)

現在アンドロイド勢の新フラグシップはみんなそのSnapdragonのフラグシップCPU s810を使ってますので、使わないといけない(使わないとパフォーマンスが他社のスマホより劣るとか言われるでしょう)

だから仕方なく使った。
でもXperiaって防水ですしより薄いし、
発熱問題もより深刻に見えます。

普通、製造プロセスの微細化そしてアーキテクチャの改良で新しいプロセッサーはもっと低音で高パフォーマンスだはず。

今回はSnapdragonの独自の64bitアーキテクチャが間に合わなかったので、ARM社のアーキテクチャ使ってs810を急いで生産した。その結果はこの発熱問題です。


Re:発熱 (heiseikiseki)
2015-06-15 16:11:40
誤字がありました
低音ー>低温

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL