平成野武士漫遊記

堅物のくせに涙もろく、孫には負けじと頑張るが勝ったことが無く、勤勉で遊び好きな戦後生まれの爺さんの放浪記

ミツ峠山に行って来ました。

2016-11-02 17:47:35 | 高尾山行脚
今日、11月2日は高尾山の約三倍の標高の有る山梨県のミツ峠山に行って来ました。
友人ご夫妻と私の三人の山行です。
朝5時半に自宅を出て、ミツ峠のダルマ石の駐車場から本格山道を登り出したのが7時でした。ダルマ石です。

このコースはいくつか有るミツ峠の登山道の中でも最も急で、キツイと言われているルートです。
又、江戸の昔、山岳信仰が盛んな頃の遺跡も数多く見る事が出来ます。その一つ88大師の石仏群です。

各所の石仏や石塔に手を合わせながら、比較的ゆっくりと登り、約3時間かけて山頂に到着です。

やや、雲が多く富士山は見えないです。
残念ですが、まぁ楽しみは次回に回して取り敢えず三つのピークを制覇しようと御巣鷹山方面に脚を伸ばします。
どのピークの上にも様々な企業のアンテナや中継装置が立ち並びあるいは建設していました。
かつて、山を愛する人々が弁当を食べたであろう山頂はアンテナ等の構築物で占領されていました。

再び、山頂に戻り簡単に食事して下る事にします。岩場でロッククライミングをやっていました。緊張感の中にも達成感がありそうだ。

下りも慎重を期し約2時間掛けて🚗を止めたダルマ石まで到着します。
お陰で、紅葉してゆく山容を楽しむことが出来ました。(^_^)


帰路はちょっと寄り道して秋山温泉♨️にタップリ90分も入っていました。リーズナブルで満足度十分な1日でした。(^_^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 102と103回目はこんな感じ(^_^) | トップ | 朝の富士山とミッ峠 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高尾山行脚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。