gooブログはじめました!ocnよりの引っ越しです。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

演奏後記 月見と平家琵琶を聴く夕べ

2016-10-11 07:59:54 | 平家琵琶

演奏後記 2016年(平成28) 10月10日

月見と平家琵琶を聴く夕べ     鎌倉円覚寺塔頭 龍隠庵
                      主催:ポケットカルチャー倶楽部
曲句:先帝御入水 祇園精舎(序章)

はじめに、平家物語誕生・平家琵琶の特質・系譜を解説。
演奏 此の曲句の聴き所は、平家の歩みを思いつつ平家滅亡の瞬間を語る。
聴者に、その状景を思わせるような語りを心がける。
私は、此の曲句は静かな音曲であるが、滅びの一瞬の中に関門海峡の潮流の速さ、逆巻く潮の音、
源平両戦士の雄叫び、戦いに巻き込まれた女房達の悲鳴、飛ぶ矢の唸り、鉄刀がかち合う音、
千尋の水底に沈んでゆく二位の尼の一族滅亡の無念の気持ちと、幼帝の未だ見ぬ海の底の都、静かな
生活への希求を、抱いて水府へ沈んでゆく姿を思い浮かべながら聴いていただくことである。

これ等が語りの内から聞こえてくるような、想像できるような語りでなければならないと思いつゝ語った。

龍隠庵住職の月見法要を行う。残念ながら月を愛でることはできなかったが、
庭は、秋の草花…ススキ・ホトトギス・しゅうめい菊等々…とても趣きあった。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演奏予定  | トップ | 演奏後記 NHK学園 市川スク... »
最近の画像もっと見る

平家琵琶」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。