平方録

身辺をつれずれに

太陽に近づきすぎた男 ?!

2017-07-16 06:19:00 | 随筆
歯を磨き、顔を洗ってパソコンの前に座るころになって、今朝もヒグラシのセミしぐれが聞こえてきた。

セミしぐれで始まる朝というのは夏の一大特徴である。
ましてや雨や荒天の時にはセミしぐれは起きないから、セミしぐれは好天をも約束しているということも出来るわけだ。
灼熱の太陽が実力を発揮する夏が好きである。
セミしぐれは夏の好天を約束してくれている。

昨日、朝食を済ませてのんびりしていたら、庭の木漏れ日のあまりにも強いコントラストと、直接光が当たっているところのあまりの明るさにすっかり心を奪われ、「何はともあれ、あの光を浴びないことには何事も始まらない! 」という思いがふつふつと沸き起こった。
長年連れ添ってきた妻はこの辺りのボクの気持ちは理解してくれているが、ふつうは白い目で見られるのがオチである。

そこでにわかにボクの心を突き動かしたのが「そうだ、庭に出て強烈な太陽を浴びながら草取りをしよう! 」という考えだった。
多くの人はそう考えないようなのだが、ボクはボクである。
蚊の攻撃に備えるべく、半そでのポロシャツを長袖のシャツに着替え、短パンをつなぎのGパンに履き替え、首にタオルを巻き、麦わら帽子をかぶって、虫よけを顔に塗って庭に出た。
献血お断り!、吸血は断固拒否! の決意である。

夏の太陽は気持ちがいい。
午後の太陽もいいけれど、午前中の太陽はその明るさに於いて午後のそれよりも生き生きとしているところが一段と素晴らしいのだ。
こういうことを公言すると変人扱いされるのだが、本当にそう思っているのだから仕方ない。ボクはボクなのである。
まずは遅れていた4鉢のアサガオに支柱を立ててやり、次に、つるバラの最後の花が終わって花柄を取ってやればよかったものをそのまま放置しておいて結実してしまったのを切り取り、あるいは新しく伸びてきたシュートをそのまま風に揺れるに任せていたものを固定する作業などを行った。

これだけでざっと1時間半が過ぎる。
炎天下の作業はさすがに熱い。体が慣れていないのだろうか、何となくだるく感じられ「こんなはずじゃァないだろうに! 」と気を取り直し、ペットボトルに入れておいたすっかりお湯の手前にまで温まった水をゴクゴクと飲む。
普段、塩分控えめに暮らしているボクはこういう時注意しなくてはいけないのが塩分不足である。

何事も過ぎたるは及ばざるがごとし――なのだ。
真夏の塩分不足は命にかかわる。
で、あるんですナ、今は。塩分をチャージするタブレットとかいうものが。
一粒づつ透明の袋に入れられた錠剤風のもので「塩分」「クエン酸」「糖質」がいっぺんで取れるという触れ込み。

お菓子屋さんが作って売ってるんですな。
しゃれたパックにはツルハシを持ったおっさん、サッカー小僧、犬の散歩をする年齢不詳の男性などのイラストも添えられていて、「多目的」がウリのようである。
これを一粒口に含んだ後、今度は伸び放題でいささか見苦しくなってきている雑草取りである。
この草取りの作業は地べたに這いつくばるため、背中で直接ぎらつく太陽と対話することになるのだ。

こういう時の太陽は実に親しげに対応してくれるので、その分のエネルギーは背中全体で受け止めることになる。
早い話が熱血そのもの、情熱にあふれ切っているからアツイことアツイこと!
そんなこんなで、また1時間半……

結局午前9時から正午まで、太陽のエネルギーチャージを行ってシャワーを浴びて、ビールにしようかと思ったが、なまじのアルコールは体内の水分を逆に奪うだけなのでやめにして、それはそれは健全なことでございました。
こうしてボクの夏が始まったわけでございます。

そうそう、草取り中にチッチッというセミの鳴き声がしたのは、羽化したてのセミが草取りに驚いて飛び去ったものだろう。
今年の初羽化、初鳴きでありました。
日本語では初鳴きはウグイスとホトトギスにしか使わないけどネ。



最近、スーパーの鮮魚売り場では地魚だけを集めた刺身パックを売り始めた。その名も「江ノ島盛り」。この日のメーンは脂の乗った旬のアジで、これ以外にブリの子のワカシ(多分)、何か分からないけれどタイ系と思われるさっぱりした味の白身、それにキス? が盛られて599円だった。わが家でこうした刺身パックを買ってきて食べるのは初めてのことだが、モノは試しと思って買ってきた。魚を捌いたり、アラなどの始末が面倒な人向きですナ。あとは少量だけ食べたい人には向いている。
ま、頭から否定はしないけど、ボクのところはもう少し、旬の美味そうなものを丸ごと買ってきて、それを自分で捌いて食べるのを旨としたい。


アサガオを植えた四角いプランターに支柱を立てるのは初めての試みなのだ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボクは梅雨明けを宣言したぞ! | トップ | 暑さの底に沈んだまま じっと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

随筆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。