子どものころは「昭和」だった

頭も悪く、体も弱い子どもでした。そんな子ども時代を思い出すだけ綴ります。
頭の悪い、体も弱い子の成長後も書いてみます。

一度の積極

2016年10月31日 | 大人になって
最近物忘れが多くなったのは歳のせいと半ば諦めています。
反対に突然思い出すこともあります。

初恋が終わってから随分時間が経ってからと思います。
内科の医院には常に受診していました。
その時は眼科にも受診していました。病名は記憶におりません。
3年か5年か通院していたと思います。こちらもよく覚えていません。

ただ覚えているのが、これから書くことだけです。
勤めの近くの医院でした。昼休みに治療を受け薬をもらいます。

そこに目のぱっちりした看護婦さんがいました(まだ看護師とは言わない時です)。
小さい医院でしたので、彼女は受け付けもすることがありました。

その日の料金を払うときに彼女にデートの申し込みをしました。
わたしにとっては、たいへん勇気がいることでした。
消極的、石橋をたたいても渡らない、恥ずかしがり屋、そんなわたしが申し込んだのです。

思い出してる今でもその時の心はわかりません。

答えはノーでした。

次のときにもう一度誘いました。そんな積極性はその時だけです。
でも、その時も答えはノーでした。

その後はその眼科医院には行っていません。
もちろん彼女にも会っていません。

青春のただ一度の積極でした。今は彼女の顔も思い出せません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虫食い梨と運動会と | トップ | 箸をおいて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大人になって」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。