緒方鍼灸院 【脉泉堂】 有田町の自然 平六のワンダー

「目で見て、手で触り、音を聞き、温度を感じ、においを嗅ぐ」体験は「知識として知ってる」ことよりはるかに重要だと信じます。

地球が丸く見える山 元越山(大分・佐伯)へ月例山行・・・佐賀勤労者山岳会2016.11.6

2016-11-07 13:15:22 | 佐賀労山月例山行

毎月第一日曜日は佐賀勤労者山岳会の月例登山会です。

今月登れた山は大分県の南東、米水津湾に面した山です。

展望が良すぎるあまり、地球が丸く見えると言われる展望の山で山頂には一等三角点もあります。

また、この山は明治の文豪、国木田独歩が愛した山としても紹介されています。

元越山(581.5m) は九州百名山のひとつです。

佐賀勤労者山岳会(通称:佐賀労山) は、一般の市民が1970 年11月に結成した山岳会です。

現在約90名の会員で活動を行っています。

会員の構成は老若男女はもちろん、初心者、主婦、年配の方など さまざまです。

安く安全にをモットーに、山登りを楽しんでいます。

僕はその中で月例山行を企画計画する担当をさせていただいています。しかし、全くのボランティアですが、一般参加者も参加できるこの月例山行はお世話がたいへんです。

そんな役割を担っていると、今回はこんなの運営をするぞ、こうあってもらいたいと考えて準備して進めようとします。でもうまくいかないことも多いです。 ついつい、愚痴っぽくなったり、お酒飲んでそのストレスが爆発してしまい、友を今回なくしてしまいました。 残念で残念で、僕にとってはつらい今回の月例山行でした。

いろんな計画を立て、こんな計画で進めようと考え、とても多くの時間をついやし、その為の準備をする性格です。 でも、参加者の反応はいまいち、しくじったな・・・と悲しむことがあります。

昨日の月例山行も、中型バスの定員28名を確保させんがために多くの方へお誘いのメールをし、新聞案内を掲載し、参加できないとの返信にが来ても必ず、お元気ですか? またの機会もお誘いしますね~ と再返信しています。 相棒をなくし、できる範囲のことしかできないとあきらめもあるけど、せっかく参加された方に申し訳なく、新しい趣向をおりまぜ、移動中のバスの中で山のビデオを流そうと図書館で3本借り、近況レポートをおこなって話題性を上げ、退屈されないようにとの計画も織り込みました。

勤労者山岳会の月例山行が、トレッキングツアーっぽくなるのは考えもんです。少しづつでも技術・経験を学んだ、次回はもっと安全に登れそうだ、まだまだ年寄りだと言われない元気がもらえたと思っていただければと思っています。

さて、今回の参加者は前日に庭木の剪定作業で足をくじいたとキャンセル者が1名出、27名の山行でした。

朝 6:00 佐賀勤労者山岳会の鍋島事務所、真っ暗闇の中 中型バスは出発しました。

途中、佐賀駅バスセンタ―、ローソン東背振店 で参加者をひらって、高速へ乗りました。 佐伯は遠い遠い、なかなか着きません。約3時間のバスの中、46年間続いている機関紙”やまびこ”の配布、内容の説明、来年のカレンダーの販売、いろんな話をしながら進めました。

今回は、大分勤労者山岳会の 長澤事務局長と4名の有志、5名の方へ案内を頼みました。 待ち合せポイントで笑顔の対面、登山口まで先導をお願いしました。

今日のコースは、浦代浦コースです。

展望ポイントがいくつかあり、登り2時間、下り1時間です。

準備体操をおこない、出発の準備をします。

ここが、登山口

間伐され、明るい山道を登って行きます。

お~、展望が良いです。米水津湾です。 関サバ 上がっているかな~

今朝は出発時間が早かったため、皆さん寒さ対策で、汗が吹き出します。 整形外科の先生! 自前のタブレットで歩行軌跡を確認なさっています。 皆さんにも刺激になっています。年上の方には負けられんな~

笑顔、笑顔、楽しそうな話声があちこちからしてきます。

歩きだして約1時間、林道と出会いました。

ちょうど中間地点です。 ミカン食べますか~、皮をむいたミカンを持って来られていました。食べませんか~ おいしい!!

さ~、登って行くよ~

なんか余裕な笑顔ですね~

山頂には計画通りの 2時間で到着、今日はかすみがかった空模様ですが、広く見渡せる明るい山頂です。

たどり着いた山頂は広く開けた芝生の頂と言ったところで、小さな石祠と一等三角点がありました。地球が丸く見えると紹介された山頂からは東に豊後水道を挟んで四国の島影、目の前には米水津湾が広がっています。この海岸は三陸海岸などと同じリアス海岸で深く切れ込んだ湾や島は日豊海岸国定公園にも指定され、南国の雰囲気に包まれるところです。振り返ると霞んだ空の下に由布岳や久住山、西側に目を移すと傾山や大崩山などの峰々を見付けることができるようです。

山頂のこの碑には明治の文人、国木田独歩の「欺かざるの記」の一節が刻されているようです。

さ、昼食です。

ね~、どうしてる最近、う・・ん、実はね~

気持ちよかね~、まぶしかね~、うまかね~

久しぶりに参加された方、毎月参加いただいている方の交流の場です。

おいおい、ビールかい! ヨカネ~

今日は特別の出会いもありました。僕の家の近くにお住いの北〇さん、今回新聞の案内を見て参加の電話をいただきました。 僕だと知らずに電話かけていただけ、緒方さんですか、元越山への山行に参加したいんですが・・・、名前は北〇 ▲☐です。 えっ、北〇 ▲☐ ってお住いは?? 何とその後は笑顔での会話でした。

これからもお誘いしますね。

我々の 辻会長です。なんとも、ワルゾウ みたいでしょ、みんなを笑顔にしていただけます。

約40分の昼食を終え、集合写真も撮り、下山開始!

海を見れる山っていいですね~

みんな、滑らないようにね~

そんなこんなで、約1時間の速足で 下りて来ました。

温泉は、道の駅”やよい” 500円で入れます。 僕は関サバではないですが、真サバの開きを2尾買って来ました。

これを焼いて、帰ったらビールに焼酎飲む楽しみが膨らみました。

来月は、長崎県 平戸の南端、志々伎山を計画しています。 皆さん、参加お願いしますね。

お待ちしています。 090-6892-4640 (緒方です)  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母体が高齢になるほど多い妊... | トップ | 卵巣過剰刺激症候群の症状で... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (長澤(大分労山))
2016-11-07 16:29:56
大分労山の長澤です、
大分の南の果てまではるばるの遠征で
お疲れ様でした。
PM2.5の影響で霞がかかり元越山の
ウリの一つである展望がいまいちだったの が残念です、急坂の連続でしたがケガがなくてよかったです、佐賀労山の元気さに学び大分労山も頑張りたいと思います、皆様によろしくお伝えください。


お世話になりました (平六)
2016-11-07 17:01:59
長澤事務局長様
 お世話になりました。やっぱり、佐賀から佐伯は遠いですね。 
毎月の月例登山へ大人数であちこちへと出かけています。 佐賀勤労山岳会も人気な山行を支えてくれている辻会長が居るからだと思っています。
先日は、連盟本部の川嶋事務局長がお見えになり、47都道府県で46番目の訪問県となりましたと言うことでした。
安全に安く、健康のためにも今後さらに盛り上げていきたいと考えています。
ご指導お願いします。
ありがとうございました。

コメントを投稿

佐賀労山月例山行」カテゴリの最新記事