風に乗るつばめの歌

日々の出会いは神様からの贈り物

小さくなる心の声

2017-04-25 21:46:19 | 日記

仕事を終えて、今日もこうしてパソコンに向かっています。

パソコンに向かいブログを書く時、私は今ここにいます。

今ここにいると、浮かんでくる思考がはっきりと聞こえてきます。

 

心は文字が浮かぶというより、音で聞こえてきます。

心の声といいますものね。

心の声は、どんな風に聞こえてくるのかなって、じいっと意識を向けていると、心の声が小さくなっていくんです。

パソコンの機械の音や、外の車の通る音の方がよく聞こえてくる。

 

今、文章にしているのは、心の声。

心の声って、本当の私ではないんです。

不思議ですよね。

ずっと、この心が私だと信じてきたのですから。

 

このつぶやく心があることに気づいているのが本当の私。

今にいると、いつも中心になってしまっている心が観察される対象になるんです。

すると、ぴったり自己同一化していた心がちょっと離れて、

心が浮かんでくる空間の存在が大きくなります。

 

 

 

 

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の嵐 | トップ | 人前であがること »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。