風に乗るつばめの歌

日々の出会いは神様からの贈り物

錯覚

2017-03-15 21:32:42 | 日記

本当の私は身体ではない。

頭ではそう思っていても、習慣で、身体という私が見ていると思っています。

身体の一部の目が風景を見ていますが、本当の私は目が見ているものを認識しているのです。

 

身体が見ているというのは、すべてに距離があり、離れています。

でも、本当の私は距離も時間もないのです。

宇宙の始まりから終わりまで時を越えてあり、ここから宇宙の果ての果てまでひとつながりである私。

私は身体の感覚を通して、この世界に気づいています。

 

でも、目を通して見ると、笑った私が見ている、怒った私が見ているというように、

感情を伴った心が見ているように錯覚してしまうのです。

そして、その心が私だと思うのです。

 

笑っても、怒っても、変わらないものは、

シンプルでありながら、深遠であり、はかりしれない私。

 

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 身体は神の乗り物 | トップ | 青春のきらめき »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。