風に乗るつばめの歌

日々の出会いは神様からの贈り物

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

神さまの愛の瞳

2017-01-25 22:45:09 | 日記

今日は、朝から晴天でした。

陽の光が雪にあたって、白い雪が虹色に輝いていました。

まるで、雪の中に宝石がかくされているみたい。

 

今日は、一日、自分の動向を見ていました。

すると、本当に普段から考えごとが多いことに気づかされました。

このままでは、エネルギーが流れない。

終わったことについて、次やることについて、ふと見たものから連想すること、などなど、次から次へとよく考えているものだなあ。

時々、自分の知らないことまで考えている時があって、まるで夢を見ているみたい。

 

食べる時も、食べる感覚と考えごとにのまれていることが多い。

このパソコンに向かっている時のように、空間に意識を向けて心を待つことではなく、ばっちり心に焦点を当てています。

この習慣を変えたいなあ。

まずは、今にいる。

不安から心配をしている考え方に気づいてみる。

心で心を浄化することはできないから、神さまの愛の瞳でただただ観つめてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかねを祝福する | トップ | 空間の中で待つ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。