風に乗るつばめの歌

日々の出会いは神様からの贈り物

変わらない意識

2017-02-13 22:10:01 | 日記

私は、今日も生きていて、動いています。

今も、手を動かしてパソコンに向かい、頭に浮かんだことを書いています。

呼吸もしていますし、ストーブにあたっているので、身体も暖かいです。

そして、今、意識があります。

 

意識が、身体の五感から来る感覚に気づいています。

ストーブの暖かさ、指先の冷たさ、浮かんでくる心、目で見ている風景、香り、身体の感覚。

そのすべてに気づいています。

 

意識は、視覚ではありません。

目で見ているから、目で気づいているように錯覚しますが、

目をあけても、つむっても、そこには意識があります。

今、ためしに、ぱちぱち目を開けたり、つむったりしてみてください。

 

目の前に現れる風景は変わりますが、世界が変わることに気づいている意識は変わらないはずです。

変わらないものを観いだす。

この世界で、変化しないものってあるのでしょうか?

岩とか?

岩も浸食するし、何億年もすれば形は変わるはず。

空気?

空気も二酸化炭素とか酸素の量は、場所によって違うのでは?

太陽だって、その姿を変えます。

 

絶対変わらないものって、この意識である空間でしかないのではないでしょうか?

どんなに長い年月を経ても、変わらずにあるもの。

小さいときから、今まで、この気づいている意識は変わりませんでした。

 

なん変哲もない、いつもいつも普通にあるこの意識が、宇宙の始まりの時から今も同じにすべてを包みこんでいる。

誰も注目することのない当たり前が、実はすべての人が求めている愛の源。

 そのはかりしれないものが、いつも私だと思っている自我と共にあり、自我を通して世界を観ている。

すべては愛されています。

 

 

 

 

 

 

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それをしようとしているのは誰? | トップ | 寒風のメロディ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。