B.T.T.B -Back To The Basic- 退職後,日常生活における知的生活とは?

50歳代,退職後の日常生活をいかに知的に過ごすか

久しぶりにNHK語学番組について

2017-05-17 | 語学的


本日,漸く榎原均さんの第二著作『ソビエト経済学批判』のまとめが終了しました。何度となく通読しておりますが,今回は既に手書きをしていた要約を,再度本を読みながら理解し,エッセンスをコンピュータに打ち込んでいきましたので,さすがに理解は進みました。思えば退職したての2014年3月,この本に挑戦していたのですが,その時には情けないほど理解できず,本当に仕事を辞めてまでこの研究にかけて良いのだろうか,自分には能力がないのではないだろうかと考えて,冷や汗を流した時もありました。諦めずに続けて良かったと思っています。この本はタイトルこそソビエト経済学批判となっていますが,第三・四章は価値形態論をまともに扱っており,その理解に大いに役に立ちます。また,一方で廣松渉批判もされています。彼の言っていることが理解できないと悩んでいる諸兄,この本を読んで絡められた彼の四肢から逃れ,解放されましょう!

明日からは榎原さんの第三著作『価値形態・物象化・物神性』のまとめに取り掛かります。この本も既に2度通読しており,前二作の理解が進んでいることから,かなり理解しやすくなっています(2000年に予備校からの依頼で北海道の高校に講演を。今後2ヵ月かけてこの本のまとめをして,9月までに第四著作『資本論の核心』のまとめを終え,計4作の綜合を今年中に果たしたいと思っています。

さて,2年ほど前に一度NHKの語学番組に関して書いたことがありましたが,久しぶりに感想を書きます。

現在聴いている番組は,『まいにちドイツ語』『実践ビジネス英語』『ニュースで英会話』の3つです。そうです,『攻略!英語リスニング』と『英語で読む村上春樹』は終了してしまいました。ともに英文を扱っている番組でした。英文読解系も番組ラインに入れてほしいですねえ。『英語で読む…』の担当講師は,沼野充義さんが一番扱う対象言語も幅広くて,内容も深くて良かったですねえ。辛島デイビッドさんは何度か笑わせてもらいましたし,描写の背景などに切り込んで,番組全体興味深く,かるーい感じで,うきうきして拝聴できました。どちらの番組も,私が予備校講師をしていた時にリスニングの練習になるからと生徒達に聞く事を勧めていたということもあり,無くなってしまってしまったのはちょっと寂しい。

さて,『実践ビジネス英語』は昨年度と全く変わらない構成ですね。扱われる内容もビジネスマンでなくても興味深いものですし,ヘザーさんの気っぷの良い英語も健在で,毎土曜日にまとめて聴くのを楽しみにしています。

『攻略!英語リスニング』と『英語で読む村上春樹』が終了してしまったので,英語を聞く機会が少なくなるといけないと思い,『ワンポイント・ニュースで英会話』はこれまで土曜日の朝にまとめて聴いていましたが,月曜日から金曜日の毎日聴くようにもしました。今年度はついに伊藤サムさんがこの番組から引退されました。とっても残念。この番組開始当初は,インターネットでサムさんの漫画動画がニュースごとに作成され,金曜日のちょっと軟弱系ニュースの際には抱腹絶倒,サムさんかぶり物バージョンがあり,本当に楽しかったのです。あれこそNHK第二が『ピタゴラ・スイッチ』を頂点とする,良い意味での悪ノリ感が出ているものでした。それがすっかり無くなりまして,悪ふざけが好きな私は二重の意味で失意を味わっております。まあ,聴きますけどね。

さて『まいにちドイツ語』を久しぶりに聞き始めました。というのは,今年度の放送は初級編も応用編も文法に力を入れているからです(特に応用編は文法オンリーと言っても良い)。初級編は開始第5週で早くも過去分詞が登場したり,11行に及ぶ独文が登場するなど,ハイレベルなこと,名作『レアとラウラと楽しむドイツ語』と同等,いやそれ以上にハイレベルになっています。しかし,初級編で早くもこのレベルに達していることに若干不安を懐くのは,本当にドイツ語に今まで全く接していなかった人たちには難しすぎないか??という点です。『レアとラウラ…』ですら,初級の自分には辛いと言ってやめる人がいたほどですから,あまり暴走しない方がいいかも。まして扱っている内容が,これまでのところ,全てドイツの建築様式に関するもので,興味の無い人には取っつきづらいと思えるものでもあります。しかし,この講座は英語との対比を意識しながら(文法用語は英語の指導などで使用する用語とほぼ同一),簡潔に文法の解説があるのが特徴で,以前から文法の解説を入れた方が良いと考えていた私には好ましいものになっています。どこまでレベルが高くなるのか,興味をもって聴いていきたいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杉本博司さんの「海景」(番... | トップ | 「緑」と「資本論」 »

あわせて読む