広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高校生2万人、文化の祭典 いばらき総文、27日開幕

2017-06-28 13:41:17 | 日記


 第38回全国高等学校総合文化祭(文化庁、公益社団法人全国高等学校文化連盟など主催、朝日新聞社など特別後援)が7月27~31日、茨城県で開かれます。「文化部のインターハイ」と呼ばれる国内最大級の高校生の文化の祭典で、全23部門に全国から約2万人の高校生が集います。参加校の活動の一部を紹介します。


■刻むリズム 高揚感やみつき


 夕日に染まりだした校庭にメトロノームが響く。背筋を伸ばした大洗(茨城県大洗町)マーチングバンド部の生徒たちは、楽器を揺らさぬよう、わずかにかかとを浮かせ、8拍で5メートル進む。歩幅は62?5センチ。後退するときも同じリズムと歩幅。演奏しながら美しい隊列を組むための、最も基本的な練習だ。


 演奏を続ける隊列が複雑に絡み合い、フロアに幾何学模様を描き続ける。「ミュージカルスポーツとも言われます」と顧問の松崎佳介先生。テンポが上がる終盤には走る場面もあり、視覚的にも楽しませる「ショー」に仕上がる。


 全国大会でグランプリに輝いたこともある強豪だ。長野県で演奏したのをきっかけに入学希望者が出たため、2008年から県外出身者の受け入れも始めた。現在、58人の部員のうち約4割は県外出身だ。


 昨年、20年ぶりに全国大会出場を逃した。列の乱れや音程の微妙なズレが目立った。秋田県大仙市出身で部長の斉藤満実子さん(3年)は「大満足、では終われなかった」との思いが強い。朝夕の部活動だけでなく、昼休みも練習に費やし基礎固めに力を入れる。


 年100回近く、地元の夏祭りや中学校の文化祭、幼稚園の運動会などでも披露している。監督の有国浄光教諭は「屋外でも演奏できて、だれでも楽しめるのが特長です」と言う。


 ショーが最高潮を迎えるときにつくる「カンパニーフロント」という隊形がある。静寂の後、横一列に並び、大音量で一斉に観客に迫る。平beats ヘッドホン俊太郎さん(3年)は「拍手と歓声で観客と通じ合った気持ちになる」。この高揚感が生徒を支え、見る者を魅了する。(村田悟)


■しなやかな力強さ バレエ流


 「ゆっくりして、準備、ターン、ターン」


 うだるような暑さで体育館内の温度も上がる中、大粒の汗を流す生徒たちの声が響く。部長の原田恵実さん(3年)は、「出るのは総文祭ですが、ほんと体育会系です」と笑う。


 大妻(東京都千代田区)バトントワリング部は部員24人。総文祭では、尺八とマリンバによる「風神×雷神」(藤原道山×SINSKE)に合わせ、演技を披露する。「質の高い大妻らしい演技を見せたい」と原田さんは力を込める。


 古豪として知られ、休みは火曜のみ。午前7時半から40分の「朝練」もある。普段は自由参加だが大会前には全員が集まるという。しなやかで力強い動きを生み出すため、バレエが専門のコーチも指導にあたる。


 4人の3年生は全員進学希望。部活動の合間を縫って塾や予備校に通う。将来、国際系の学部に進みたいという副部長の近藤美羽さん(3年)は「時間が限られるので勉強も集中できる。部室で英単語の問題を出し合うのも楽しい」。田口結彩さん(1年)は「いろんな部分で、先輩たちに追いつけるようにがんばりたい」と話す。


 そんな部員たちについて、創部以来35年にわたって指導を続ける顧問で元教諭の井上のり子さんは、「一緒にバトンをした仲間は、かけがえのない友人になるのです」と笑顔で話した。(岩田智博)


■クマムシの常識に挑戦


 木津(京都府木津川市)の科学部は別名「クマムシ」部という。謎の多いクマムシの研究だけを続けているからだ。


 部活は校内に生えたコケを採るところから始まる。その中にいる1ミリほどのクマムシを顕微鏡で探し出す。「かわいい」。部長の宮崎真衣さん(2年)がつぶやいた。大きな体に小さな脚。いとおしくて、ずっと見ていられるという。


 総文祭では、「クマムシの脚が心臓の働きをしている」という仮説の証明に挑む。顧問の伊勢昌宏先生によると、クマムシに心臓はない。体液を脚の動きで循環させているという結論に至った。だが、脚を動かしている動画は撮れたものの、動きを止めて体液循環も止まった場面を撮ることができなかった。年明けから試行錯誤が始まった。周りの水分量を調整し、5月、脚を止めることに成功した。


 「次こそ大丈夫」と、宮崎さんは自信を見せる。研究は面白いから、今後も続けていくつもりだ。「世間で言われていることが、実は間違っているかもしれない。常識をひっくり返したい」(山下奈緒子)


■「赤電」への感謝、映像に


 全国で唯一「窯業(ようぎょう)」の文字を冠する瀬戸窯業(愛知県瀬戸市)。その放送部が、ビデオメッセージ部門に「私達の思い出~ありがとう赤電~」という5分間の作品で総文祭に参加する。


 4月に引退した、名鉄瀬戸線の全面赤で塗装された6000系の車両をテーマにした。「慣れ親しんだ電車がなくなると聞き、人々はどう思っているのだろう」と考えた日比野ゆきほさん(2年)らが中心となり、地域の人々や運行する名鉄などに取材した。


 活動は盛んで、受賞歴も多い。昨年6月には部長の坂戸雪花さん(3年)らが作った「CHANGE HEART」が、NHK杯全国高校放送コンテスト愛知県大会創作テレビドラマ部門で最優秀賞を受賞。いじめる側といじめられる側の人格が入れ替わる物語だった。


 24人の部員が、それぞれの作品制作に没頭している。総文祭には、「赤電」を制作した日比野さんら4人が参加する。「瀬戸で吉報を待ってます」と坂戸さん。


 赤電はなくなったが、その思い出は映像に刻まれている。(岩田智博)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブログ?アフィリエイト」で... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。