林田力 Wikiブログ

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』

1月30日(月)のつぶやき

2017年01月31日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カジノ

2017年01月30日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
カジノの話は、カジノ推進者が皆、目先の金儲けしか考えない人々ではないことが理解できた。本気でカジノを検討している人々は環境の問題や依存症の問題を考えようとしている。むしろ行政が何も考えずに一度立てた計画を推し進めようとすることが問題である。他の分野も該当するが、行政主導、公務員主導が問題である。
私はカジノの経済効果について質問した。カジノの経済効果として推計される金額は、国民経済から見れば純粋に増加と見るべきなのか。それとも競馬やパチンコをやらずにカジノに費やすような他の分野から移動したものが多いのか。回答は外国人の消費は別として、国民の財布が増えるものではなく、大半が他の分野からの移動になるであった。但し、競合はパチンコよりも、ハワイ旅行やゴルフなどのリゾート消費とする。
ARを利用した新しいビジネスモデルの話は興味深かった。私達は二十世紀ではなく、二十一世紀に生きている。二十一世紀になったばかりの頃は、新世紀と言っても二十世紀の延長ではないかと思ったものである。しかし、ここにきて第四次産業革命の動きは新時代を予感させる。宇宙旅行や月面基地は中々実現しそうにないが、誰もが小型コンピュータをポケットに持っている世界は二十世紀のSF作家は想像していなかった。新しい分野に注目したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月29日(日)のつぶやき

2017年01月30日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンション投資反対運動

2017年01月29日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
#FJネクスト不買運動 #不動産投資 #迷惑電話
投資用ワンルームマンション業界は急成長の歪みが内部の至る所で噴出している。私企業が利益追求目的で迷惑勧誘電話を行うことを規制しよう。

週二回のイベント開催を維持します。
プロジェクト的なことをやりたいというような議論をすることが目的でした。実際の場では言いたいことを言うばかりになりがちで、中々実りある話になりません。これは定例会が廃れた原因であり、仕方ないことです。
今はこれが問題だから、皆でこれに取り組もうという、ボールが飛んできた方向に全選手が走る昔の下手くそな日本代表のサッカーのようなことではなく、もう少し長期的複合的視野に立った話でした。
むしろ、そのような議論はメールの方が有益かもしれません。そのため、ご提案があれば投稿をお願いします。事業は人金物が必要と言われますが、初期費用についてはスモールスタート前提ですが、考えることはできます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月28日(土)のつぶやき

2017年01月29日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月27日(金)のつぶやき

2017年01月28日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東急田園都市線タックル遅延

2017年01月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
#東急不買 #田園都市線 #東急不買運動
日本海賊TVで東急田園都市線の遅延を取り上げた。乗客がタックルして降りようとして喧嘩になって遅延した。Twitterではタックルマンと名付けられた。東急田園都市線は五日連続で遅延した。東急はインターネットで遅延証明書を取得できるが、ある大学では大学生が大学に提出する遅延証明書はネット不可であり、意味がない。
東急田園都市線の満員電車は定員オーバーである。トラックならば過積載であり、違法である。東急電鉄は砂利を運んでいる感覚のまま、乗客を詰め込めるだけ詰め込もうとしているのではないか。東急は顧客満足を考えていない。東急は鉄道会社の公共性の自覚がない。東急リバブル東急不動産のマンションだまし売りと同じである。
藤末議員の東急電鉄批判は的外れである。藤末議員の主張が通れば運賃は高くなる。立正コウセイ会には金持ち優遇的な発想があるのではないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンルームマンション問題

2017年01月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
#FJネクスト不買運動 #不動産投資 #迷惑電話
ワンルームマンションの乱立が住環境を破壊するとして問題になっている。そこでワンルームマンション問題を取り上げる。ワンルームマンション問題に対する最も明確な公衆アジェンダはマンション建設反対運動である。建設計画の見直しという明確で具体的な要求である。しかし、残念なことに政策アジェンダはストレートに応えられる仕組みになっていない。制度として地区計画や高度規制などは存在する。しかし、マンション建設反対運動は住環境を破壊する個別のマンションを何とかして欲しいというものであるのに対し、地域全体に規制をかけるアプローチはネズミ退治に地球破壊爆弾を持ち出すほどではないにしても大袈裟である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月26日(木)のつぶやき

2017年01月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月25日(水)のつぶやき

2017年01月26日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加