林田力 Wikiブログ

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』

林田力「生活や街を破壊する地上げの怖さ」

2008年07月28日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
林田力「生活や街を破壊する地上げの怖さ」オーマイニュース2008年7月25日
 地上げの舞台となった渋谷区桜丘町の雑居ビルを見たので報告する。このビルをめぐっては、テナントの日焼けサロン経営者に立ち退きを迫り脅したとして、暴力団員や不動産会社役員が暴力行為法違反の疑いで逮捕された。
 調べによると、暴力団員らは2007年12月から翌年3月にかけ、放火をほのめかして脅迫した上、出入り口をふさいだり、共用部分の電気を切断したりするなど物理的な妨害を繰り返した。
 このビルにはほかのテナントも存在したが、残ったのは日焼けサロンのみである。日焼けサロンを地上げで追い出せないまま、2008年3月25日に所有権が東急不動産株式会社に移転した。
眺望阻害マンション裁判の倒錯
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「『女子弁護士 葵の事件ファイル』

2008年07月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
林田力「『女子弁護士 葵の事件ファイル』 岩崎健一著」オーマイニュース2008年7月25日
 記者(=林田)は東急不動産(販売代理:東急リバブル)とのマンション紛争で東京高裁まで争った経験がある。東京高裁における訴訟上の和解成立後も和解条項の履行をめぐって紛争が再燃した(参照:「東急不動産、「和解成立」後も新たなトラブル」)。
 同じ法律紛争でも、記者の裁判と本書で扱われた事件では、かなり様相が異なる。記者の裁判では原告(記者)と東急不動産は全面的に対立しており、熾烈な争いになった。また、消費者契約法による不動産売買契約の取消しが認められるかという先例のない分野の裁判であった。弁護士にとっても負担が大きい事件であると言える。
眺望阻害マンション裁判の倒錯
生活や街を破壊する地上げの怖さ
コメント   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

渋谷再開発地上げで東急不動産に抗議

2008年07月24日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
暴力団組員らが逮捕された渋谷再開発地区(渋谷区桜丘町)での地上げに対し、脅迫されたテナントのオーナーは東急不動産に抗議していた。警視庁渋谷署などは2008年7月17日までに、ビルの立ち退き交渉に応じないテナントを脅したとして、東京都大田区の不動産会社役員の男や指定暴力団住吉会系組員ら計4人を暴力行為法違反容疑で逮捕した。周辺は再開発地区になっており、同署は地上げで利益を得ようとしたとみて追及する。
調べでは、4人は2007年12月から2008年3月にかけて、東京・渋谷の再開発地区ビルに入居していた日焼けサロン経営者を脅した疑い。2007年12月26日には、日焼けサロンの男性経営者(52)を喫茶店に呼び出し、「おれは地上げ屋だ。早く立ち退け。今回の件で火が出ることもあるからな」と脅迫した。約10回ビル周辺をうろついたり、出入り口をふさいだり共用部分の電気を切ったりした。
地上げされたビルはJR渋谷駅近くにある5階建て。当時3店が入居していたが、日焼けサロンだけが立ち退き交渉に応じていなかったという。最終的に立ち退き交渉は失敗し、3月25日には日焼けサロンが残ったまま、この不動産会社から東急不動産株式会社に所有権が移った。
脅迫を受けたオーナーは「地上げした暴力団員と裏で繋がっている可能性はないのか」と東急不動産に抗議した(山岡俊介「本紙既報の東京・渋谷再開発地区違法地上げ(最終とりまとめは東証1部大手不動産会社?)で、暴力団組員など逮捕に」アクセスジャーナル2008/07/18)。消費者契約法(不利益事実不告知)違反で301号室の売買契約が取り消された東急不動産の分譲マンション「アルス東陽町」も地上げ物件である。
「渋谷再開発:組員ら逮捕 脅し立ち退き迫った疑い」毎日新聞2008年7月17日
「「おれは地上げ屋」入居者脅す=右翼団体幹部ら4人逮捕-警視庁」時事通信2008年7月17日
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「眺望阻害マンション裁判の倒錯」

2008年07月20日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
林田力「眺望阻害マンション裁判の倒錯」オーマイニュース2008年7月17日
 記者は「眺望阻害マンション裁判の明暗」という記事で、2つの裁判を比較した。分譲後に隣接地にできた建築物によって眺望を阻害されたマンション購入者が売主(=不動産会社)を訴えた2つの裁判である。
 一方は、ローレルコート難波購入者が近鉄不動産に対し損害賠償を請求した裁判(大阪地裁)で、購入者が敗訴した(近鉄事件)。
 他方は、アルス東陽町301号室購入者(=記者)が東急不動産に対し売買代金の返還を請求した裁判(東京地裁)で、購入者が勝訴した(東急事件)。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

RE-BUBBLE(バブルよ再び)

2008年07月19日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
33 :名無し草:2008/06/30(月) 16:22:26
事故隠し東急は鉄道や住宅や開発をやる資格がない
35 :名無し草:2008/07/03(木) 23:29:15
一番の悪は東急
36 :名無し草:2008/07/04(金) 14:33:57
とうきゅうフリー
537 :名無し不動さん:2008/07/19(土) 05:10:06 ID:???
リバブルって…
RE-BUBBLE(バブルよ再び)
なんて社名なんだw
弁護士への委任状のずさん
買い手が注意しなければならない不動産市場の欠陥
エイブル、景品表示法違反で排除命令
眺望阻害マンション裁判の明暗
眺望阻害マンション裁判の倒錯
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

超高層マンション「ローレルコート難波」

2008年07月16日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
林田力「眺望阻害マンション裁判の明暗」オーマイニュース2008年7月11日
 超高層マンション「ローレルコート難波」(大阪市浪速区)購入者が分譲主を訴えた裁判の判決が2008年6月25日、大阪地方裁判所にて言い渡された。近鉄不動産はローレルコート難波の分譲後、当該物件の近接地に高層マンション「ローレルタワー難波」を建設した。これによりローレルコート難波からの眺望が損なわれたとして、ローレルコート難波購入者が慰謝料などを請求した訴訟である。判決は原告の請求を棄却した。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『ヒーズールの夜明け』を読んで

2008年07月12日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
『ヒーズールの夜明け』を読んで 林田力
 本書はヒーズール国のマホロバ村を舞台とした物語である。ヒーズール国は、ほぼ単一民族により構成された架空の島国で、マホロバ村は都から遠く離れた小村である。
 ヒーズール国は明らかに現代日本をモデルとする国である。制度上は民主主義体制であるが、真に国民のための政治が行われているとは言い難い。特に日本の年金問題と同様、社会保険料の不正・無駄遣いが大きな問題となっていた。
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「「花より男子」コラボ企画、

2008年07月06日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
林田力「「花より男子」コラボ企画、「だんごナポリタン」を食べた」オーマイニュース2008年7月2日
 赤札はF4のイジメ対象のロッカーに張られるものである。物語の初期に友達をかばって道明寺に盾突いた牧野が張られ、全校生徒から執拗(しつよう)なイジメを受けた。しかし、牧野は泣き寝入りするのではなく、とことんイジメと戦った。
 記者(=林田)は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実(隣地建て替えなど)を説明されずにマンションをだまし売りされ、裁判で徹底的に争った経験がある(参照「東急不動産の遅過ぎたお詫び」)。故に不正義に対する一本気な怒りは大いに共感できる。
弁護士への委任状のずさん
買い手が注意しなければならない不動産市場の欠陥
エイブル、景品表示法違反で排除命令
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20080705
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「大学が企業・住民との出会いの

2008年07月05日 | 東急不買雑談
林田力「大学が企業・住民との出会いの場を企画」オーマイニュース2008年7月1日
 芝浦工業大学は2008年6月28日、東京・豊洲キャンパスにおいて「第3回大学開放DAY!」を開催した。キャンパスを近隣住民に開放し、大学を身近に感じてもらうためのイベントである。
 「大学開放DAY!」は豊洲にキャンパスを移転した2006年以来、毎年開催されており、今年は大学と協力団体・近隣企業、近隣住民の出会いを演出する場にしたいとの願いを込め、テーマを「MEETS!」とした。
http://blog.livedoor.jp/dietsize/archives/51373494.html
林田力「エイブル、景品表示法違反で排除命令」オーマイニュース2008年6月28日
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加