林田力 Wikiブログ

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』

アルス東陽町301号室事件提訴最後の数ヶ月

2008年05月31日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東急不動産消費者契約法違反訴訟に至る最後の数ヶ月は目まぐるしく水面下の工作が行われた。東急リバブル東急不動産騙し売り被害者の間では秘かに同盟が結ばれた。東急不動産住宅事業本部の野間秀一らは隣地所有者を通して示談交渉を依頼し、時間稼ぎを図った。アルス東陽町301号室購入者が遂に提訴した時には関係者のほとんどがほっとしたくらいであった。
『プライド』と比較してわかる『靖国』騒動の論点
大ヒット映画『相棒』とイラク日本人人質事件
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「『零細起業―ナゾの職業

2008年05月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
林田力「『零細起業―ナゾの職業「猫の手、貸します」』を読んで」JANJAN 2008年5月8日
 評者は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から購入したマンションでトラブルになったことがある(後掲記事参照)。評者が交渉した担当者は無責任の一言に尽きた。販売代理の東急リバブルの営業担当者は販売を代理しただけで、後は知らないという態度であった。一方、売主の東急不動産の担当者は建設地の購入や近隣対策屋を通した建設時の近隣折衝に関与しただけで、販売経緯は知らないという状況であった。
 責任を持って販売後の消費者に向き合うことができる担当者が誰もいなかった。だから評者が何を問題にしているのか、何故怒っているのかを理解したのかさえ疑わしい。交渉事であるから顧客の言い分をすべて受け入れるだけが担当者の仕事ではないとしても、最低限、顧客が何を問題にしているかを理解した上で拒否すべきであるが、それが全くできていなかった。
林田力「映画『靖国』は表現の自由の問題だ」オーマイニュース2008年5月24日
林田力「大ヒット映画『相棒』とイラク日本人人質事件」オーマイニュース2008年5月27日
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「原水爆禁止国民平和大行進、

2008年05月25日 | 東急不買雑談
林田力「原水爆禁止国民平和大行進、東京から出発」オーマイニュース2008年5月8日
 原水爆禁止日本協議会などが主催する「2008原水爆禁止国民平和大行進」の「東京―広島コース」が5月6日、夢の島公園(東京都江東区)の第五福竜丸展示館前から出発した。
 これは、核兵器の廃絶や反戦・平和を訴えながら東京から広島までを歩くというもので、広島には8月に到着する予定だという。
『相棒』の根底に流れる日本社会への批判
アニメ記事から考える「本掲載」と「たね」の境界
映画『靖国』は表現の自由の問題だ
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東急グループは警察天下りだらけ

2008年05月24日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東急リロケーション、東急ビルメンテナンス、株式会社東急百貨店サービス、東急ファシリティサービスが警察の天下りを受け入れていると報道された。警視庁に出された求人票によリ明らかになった。天下り警察官の勤務地は東急リロケーションがコンフォリア三宿にある東急リロケーションサービス株式会社、東急百貨店サービスが東急百貨店町田店である。
山岡俊介「<連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅱ)「建設、不動産業」」アクセスジャーナル2008/04/27
山岡俊介「<連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(Ⅴ)「建物・駐車場管理、警備。運輸」」アクセスジャーナル2008/05/05
林田力「『相棒』の根底に流れる日本社会への批判」オーマイニュース2008年5月21日
林田力「アニメ記事から考える「本掲載」と「たね」の境界」2008年5月22日
林田力「2ちゃんねる訴訟控訴審第1回口頭弁論」JANJAN 2008年5月23日
林田力「ひろゆき vs. 切込隊長 隠れた争点」ニュースのたね2008年5月23日
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「コードギアスR2第5話衝撃の結末」

2008年05月20日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
ニュースのたね2008年5月5日
TBS系で放映中のアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ R2」第5話(2008年5月4日放送)の結末は衝撃的であった。「コードギアス」は現実とは別の歴史・技術力をもつ世界において、主人公ルルーシュが神聖ブリタニア帝国に反逆する物語である。
2006年に深夜番組として放映されたが、続編となる「R2」は2008年4月より日曜17時枠で放送中である。TBS系列の日曜17時枠は土曜18時枠から移動してきた枠で、土曜18時枠では従来、「機動戦士ガンダムSEED」「鋼の錬金術師」などの人気アニメを放送してきた。それだけ「コードギアス」の人気と「R2」に対する制作陣の意気込みを示している。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「池で泳ぐおたまじゃくしに

2008年05月19日 | 東急不買雑談
林田力「池で泳ぐおたまじゃくしに歓喜する子どもたち」オーマイニュース2008年5月5日
 ゴールデンウィーク恒例の「ゴールデンフェスタin木場」が都立木場公園(東京都江東区)で始まった。歌謡ショーなどのイベントや陶器市・東京地酒即売会(東京地酒と酒器うつわ祭り)が開催される。
 5月4日は小雨模様であったが、多くの人で賑わっていた。4月26日に始まり、5月6日まで開催される。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルス東陽町301号室虚偽広告で改善措置

2008年05月18日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東急リバブル東陽町営業所(松本猛所長)のアルス東陽町301号室媒介広告は不当表示として公正取引委員会に情報提供された。東急リバブルの虚偽広告では駐車場料金を実際よりも安くしたり、虚偽の間取り図を掲載したりしていた(林田力「東急リバブル、虚偽広告でお詫び」オーマイニュース2008年3月15日)。
東急リバブルの不当表示の情報提供に対し、独占禁止法45条3項の規定に基づく通知がなされた(公正取引委員会通知書、公取通第202号、2008年5月2日)。東急リバブルが加盟する社団法人首都圏不動産公正取引協議会において改善措置を講じたとする。
林田力「二子玉川東地区再開発差止訴訟は原告敗訴」オーマイニュース2008年5月15日
林田力「『「反靖国」というより、むしろ…』を読んで」オーマイニュース2008年5月16日
林田力「アマチュアバンドの祭典「木場ストック」」オーマイニュース2008年5月16日
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

林田力「「元少年と同じようなことを…」

2008年05月17日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
林田力「「元少年と同じようなことを…」を読んで」オーマイニュース2008年5月1日
 私は硬直的な司法制度と戦い続けた本村洋氏を尊敬する。私自身、民事訴訟であるが、マンションの売買契約をめぐって東急不動産と裁判闘争をした経験がある(記事「東急不動産の遅過ぎたお詫び」)。
 引き渡しが終わった不動産取引では契約の白紙撤回が認められることは難しいと指摘されたが、泣き寝入りすることなく、消費者契約法に基づく契約取消しを貫き通し、売買代金の全額返還を勝ち取ることができた。新たな先例に踏み出させることの大変さを実感しているため、本村洋氏の活動には感服する。
二子玉川東地区再開発差止訴訟は原告敗訴
『「反靖国」というより、むしろ…』を読んで
アマチュアバンドの祭典「木場ストック」
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブランズシティ守谷に提訴の動き

2008年05月16日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東急電鉄・東急不動産らのブランズシティ守谷に対し、周辺住民から提訴の動きがあると報道された。ブランズシティ守谷は周辺住民から反対運動を起こされている。守谷市議会には900人近い署名を添えた建設反対の陳情書が提出された。周辺住民は裁判を起こすことも視野に入れている。「おかしいことはおかしいと最後まで言い続けたい」となお意気軒高とのことである(「発展の陰で 【2】高層マンション建設」朝日新聞茨城版2008年4月29日)。
林田力「労働組合の政治活動をどう考えるか」オーマイニュース2008年5月12日
林田力「二子玉川東地区再開発差止訴訟は原告敗訴」オーマイニュース2008年5月15日
SMAP×SMAP L'Arc~en~Ciel 信頼 D&G 都庁 color's~ 東雲水生 GRILL'OR XHTML&CSS color's 嬉しい カーヤ 入管法 スゴワザFX-2nd ヒデキ 浜崎あゆみ,talkin' 
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東急ストア、東急電鉄の完全子会社化

2008年05月13日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
東京急行電鉄は2008年4月27日、同社が39.6%出資する東急ストアを株式交換で完全子会社化すると発表した。東急グレープでは既にホテルや百貨店などが上場廃止、完全子会社化されている。
東急ストアは業績が伸び悩み、電鉄の全面支援を受け入れた格好だ。大手流通業などの攻勢を受ける電鉄系スーパーの苦境が浮き彫りになった。電鉄系企業は、グループ内部の取引が活発なうちは良いが、一度外部の競争に直面してしまうと脆さを露呈する。東急ストアの店員の態度は高飛車で不快との声もある。
7月1日付で株式交換を実施。東急ストアは6月25日をメドに上場廃止になる。東急ストアの07年度中間期は既存店売上高が前年同期比3%減。不振店の減損損失の計上もあり、通期で70億円の最終赤字になる見通し。東急電鉄の越村敏昭社長は27日、完全子会社化の理由を「両社の意思決定のスピード向上」と強調したが、電鉄による救済の意味合いが強い。
労働組合の政治活動をどう考えるか
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20080511
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加