林田力 Wikiブログ

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』

4月29日(土)のつぶやき

2017年04月30日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月28日(金)のつぶやき

2017年04月29日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月27日(木)のつぶやき

2017年04月28日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どんなメールを書いているのか

2017年04月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
#書評 #レビュー #ビジネス
東急リバブル東急不動産は無礼であり、人間的にさもしい。東急不動産だまし売り裁判では地上げブローカーという暴力団みたいなものも登場する。

『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』は仕事を速く進めるためのメールの書き方を解説した書籍である。本書から最も感じたことはパソコンのメールと携帯電話のメールは全く異なるということである。携帯メールの感覚でメールを書くと大失敗する。ここは押さえておかなければならない。現実にメール文言の無礼を咎められた人が、携帯メールの感覚で書いたと言い訳して反感を増大させた例を知っている。
本書はメールを速く書くことを価値の一つとしているが、それは決してメールを雑に書いてよいということではない。この点でも携帯メールの感覚でメールを書いてはならないことが分かる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月26日(水)のつぶやき

2017年04月27日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東急不動産の遠隔医療抱き合わせ

2017年04月26日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
#東急不買 #遠隔医療 #遠隔診療
日本海賊TVで東急不動産の遠隔医療は抱き合わせ販売を取り上げる。番組ではパソコンを購入したら、余計なサポートがついてくるPCデポとの類似性が指摘された。
抱き合わせ販売と言えば人気商品と不人気商品の抱き合わせをイメージしがちであるが、消費者本位で考えるものである。消費者にとって不要なものが付されるならば抱き合わせ販売になる。
東急不動産だまし売り営業がしたことは、気に入らなければ説明しなくていいということである。これは、気に入らないなら殺しても良いという思想に行き着く。

東急不動産の遠隔医療サービス導入は抱き合わせ販売である。これは遠隔医療サービスの普及を逆に阻害する。東急不動産は2017年4月から分譲マンション「ブランズシティ世田谷中町」で遠隔医療相談サービス「小児科オンライン」を導入する。購入者はマンション購入者向けサービス「BRANZサポート」の居住者専用サイト「BRANZ SUPPORT WEB」を通じて小児科オンラインに接続し、自宅から小児科医に相談できる。
医師への相談料は東急不動産が負担する(「LINEで医師に相談できる「小児科オンライン」マンション業界で導入」アスキー2017年3月29日)。これはマンション販売価格にコストが上乗せされていることを意味する。つまり、抱き合わせ販売である。購入者は小児科オンラインを利用してもしなくても、小児科オンライン利用料相当のコストを上乗せされたマンション販売価格で購入しなければならない。
http://www.hayariki.net/poli/torigoe4.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月25日(火)のつぶやき

2017年04月26日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月24日(月)のつぶやき

2017年04月25日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月23日(日)のつぶやき

2017年04月24日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月22日(土)のつぶやき

2017年04月23日 | 東急リバブル東急不動産だまし売り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加