思いつくままに書くブログ

基本、旅行記と日本ハムファイターズの事しか書きません。少々スケベな。
NAVERまとめ等へ本文・写真転載お断り。

プライオリティパスでJAL成田サクララウンジでカレー食べれる!と思ったら…

2016-10-08 18:14:51 | 雑記
今日は休みなので昼頃に起きて、近所の松屋で「あたま大盛」を食べました。吉野家は並で380円なのに350円で肉大盛なのは嬉しいですね。さらりと埋まっていましたがほかに注文した人はいませんでしたが。

帰宅して何気なくJALのサイトを見てこのようなプレスリリースを発見しました。

http://press.jal.co.jp/ja/release/201610/003956.html

タイトルを見たときは「とうとうか!やったー!」って思いましたが非常に糠喜びでした。40,000マイルを貯めた特典交換の商品として、プライオリティパスのプレステージ会員の1年間の権利を用意するという話でした。

ですが利用する人はいるのでしょうか?いるとは思えませんね。

まずワンワールドの上級会員でラウンジ入室権利がある人には必要ないでしょう。JALサクララウンジが無くても他社のラウンジを利用すればいいだけの話で、今のところこれといって問題があるとも思えません。LCCに乗るときに必要!という人がいるかもしれませんが、上級会員の方はそもそもLCCなど眼中にない人ばかりなのでこれも関係ないでしょう。

じゃあ上級会員ではない人はどうか?と言うと、旅慣れた人や興味のある人はすでにクレジットカードのおまけで入会しているでしょう。最たるものは楽天カードですね。1万円払えば同条件のカードが手に入るのですから、日本人でプライオリティパスホルダーの過半数は楽天カード経由といっても過言じゃないだろうし私もそうです。397ドル払って入会する「馬鹿」は日本にはいないでしょう。また、同プログラムの会員も日本人が一番を占めていると予想します。「人よりはちょっと優位に立ちたい」という志向が今も日本人には多いと思いますから。

なのでこの施策で入会しては無駄ですね。4万マイルもあるのなら特典航空券を発券したほうがよっぽどマシですよ。

それよりもプライオリティパスで利用できる日本国内のラウンジを拡充するほうがよっぽど急務です。近隣国でもソウル・台北・シンガポール・バンコクなどはひとつの空港ターミナルに契約ラウンジが複数あり、どこも素晴らしいラウンジばかりです。しかし日本国内に目をむけば、設置空港は成田・中部・関西・福岡の4空港のみ。羽田の国際線ターミナルにひとつも無いんですよ!そして契約ラウンジも中部にある実質ANAラウンジであるスターアライアンスラウンジを除けば成田・関西・福岡にあるKALラウンジばかりで、成田も第1はKALラウンジが利用できるものの、JALが発着する第2はIASSラウンジとかT.E.Iラウンジのようなクレジットカードラウンジしかなくしかも制限区域外。お粗末な話であります。

なので提携したというのなら、次はJALサクララウンジを会員に開放することでしょうし、プライオリティパスもそれを願っていることでしょうしカードホルダーも同様でしょう。いずれは成田空港の第2ターミナルで、サクララウンジに入って名物のカレーを食べられる日が来るかもしれません。関西ならジェットスターで台湾へ行くときに、サクララウンジに入ってやはりカレー食べてビールを飲める日が来るかもしれません。そうなったら制限区域外のKALラウンジを利用する人は激減するだろうなあ。パンとおにぎり、カップ麺しかないラウンジだからなあ。
『航空』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新宿西口 かのやのそばセット... | トップ | 天満 無双ラーメンでブレンド... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ラウンジ (原村)
2016-10-08 22:10:19
こんばんは。
楽しく拝読しました。
確かに、IASSラウンジとかT.E.I.ラウンジは海外と比べるとラウンジと言える代物ではないですね。
Re:ラウンジ (admin)
2016-10-09 01:56:01
コメントありがとうございます。
成田のこれらのラウンジだったら、中部セントレアのキリンハートランドビールが飲み放題の第2プレミアムラウンジのほうがずっといいですね。
国内線・国際線ともに到着口に到着利用もできるのでお越しくださいといった広告も出ていますし。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。