思いつくままに書くブログ

基本、旅行記と日本ハムファイターズの事しか書きません。少々スケベな。
NAVERまとめ等へ本文・写真転載お断り。

7/14 マイナビオールスター2017(ナゴヤドーム)観戦記【野球まみれ第3弾】

2017-07-18 08:52:05 | 日本ハムファイターズ
自宅で昼頃までぐっすり寝ていよいよ【野球まみれ第3弾】、7月14日といえばナゴヤドームのオールスターゲームですよ。今日ばかりは有給取得勧奨もあって仕事休みにしちゃいました。チケットは先行ではことごとく外れたけど一般発売日に三塁側の外野応援席がぴあで取れてしまった。そんなもんですよね。

14時に自宅を出て名古屋の百貨店へ寄り道。実はお中元を考えているんですが名古屋市内の百貨店はもう中元商戦終盤で売り場も明らかに縮小しているというか(横で物産展をやっていたり)期間も今週末までとかが多かった。地域によって贈るタイミングが違うのは分かるけど、東海地区も7月中旬からお盆までと聞いているのですが、関東にあわせて早まっているんですかね。これは!といった品物も無かったので近所のイオンで贈りますか。そこなら8月上旬までやっているし希望の品物があるのは見て分かっているから。でもこうやって名古屋の百貨店を見たのは、できたら「高島屋」とか「松坂屋」の包装紙に熨斗で贈りたいじゃないですか。

17時15分頃にナゴヤドームに到着。試合は19時からですがどうせなら殿堂入り表彰から見たいと思う。



座席は三塁側外野席でポールとセンターの中間あたりで前から5列目、なおかつ通路近くと好条件な席だと思ったんですが、見渡すとセリーグのユニフォームを着用した奴が結構いる。中日・阪神・広島が結構目立ち在京3球団は殆どいない。私がオールスターに来たのは2009年の札幌ドーム以来だが、その時は周囲にはセリーグのファンなどひとりもおらず、かといって日本ハムファンも少なくてロッテファンに囲まれた格好。福浦の打席で「スキンヘッドランニング」でぴょんぴょん跳ねて普段使わない筋肉が痛くなった思い出がありますが、今回のはいただけない。広島ファンが座席取れないからとビジターパフォーマンスを買い占めて球場に入り外周通路で観戦するのと同じようなものだと考えます。自制してもらいたいし、私だったら一塁側には絶対に座りたくない。



ひとまず荷物を置いてぶらぶらしているとB・B登場。しかしほかのマスコットは見かけなかったなあ。



外野センターの焼鳥屋では彦野が実際に店に立って呼び込んでいたりと。普段でも時々この店に彦野は立っています。経営者ではないようだがね。



席に戻ると野球殿堂表彰が始まったところ、星野仙一氏は「こんな混んでいるナゴヤドーム見たことない、甲子園もコボスタもいつも満員だ」と中日ファンに球場観戦するようハッパをかけています。まったくその通りだが、もう一回だけ中日の監督に復帰してみたら。観客増えるでしょう。伊東勤氏はこれで心置きなくロッテの監督を休業できるでしょうか…。弊害は取り払われたし。



ホームランダービーは期待の大谷はやっぱり…、まだまだ完調には程遠いなという感じで柳田が優勝し50万円持って帰ります。



マスコットの入場が始まりました。まずはオリックスのブル君から、…ベルにしておきなさいよ。





12球団の大トリは我らのB・Bでした。





試合は定刻19時を少し遅れてスタートしました。先発はセリーグがバルデス、パリーグが千賀。

初回から”ウナギイヌ”秋山が先頭打者ホームランで1点先制!なんて幸先いいんだ、だいたい地元とはいえバルデスはオールスターじゃないだろ、そんな実力はないよという感じで、ただ3番の大谷は空振り三振だったが、やっぱり本調子とは違うなあ。千賀は申し分なく2イニングを四球が1つあったもののノーヒットで奪三振2。何年か前は日本ハム相手に大炎上していたピッチャーだったのにねぇ。



3回から2イニングは菊池雄星。3回は糸井にヒットを許すも無失点で切り抜けたが4回には筒香にソロ弾を打たれて1-1の同点に。まあ、筒香だからいいですよ。却って筒香のホームランを見たかったので丁度いいですよ。5回には”鈴鹿の星”谷元が登板。さぞ知り合いも来たことでしょう。1イニングだけでしたが梅野・菊池・大島を打ち取ってパーフェクト。普段もこれくらい凄かったらいいのに。





6回にはオリックスのルーキー山岡が登板したけどゲレーロにタイムリー打たれて1-2に、うーん、ペナントレースでもなかなか勝てなかったピッチャーだからなあ。やっぱりオールスターの舞台は大きすぎたかと。しかし7回から反撃開始、セリーグは又吉を投入するものの途中出場の内川と西川が揃ってヒットを打ち逆転のチャンス!中田は相変わらずの空振り三振で普段よろしく「働けよ!」って叫んでしまったがデスパイネがタイムリーを打って2-2の同点に。そして8回にはセリーグはマテオを投入するけどマテオは日本ハムとの交流戦の時は調子良くなかったこともあり私の中では評価は低いんですが、その予感が大的中!2アウト2塁から内川のタイムリーで3-2に、そして西川は打った瞬間に「行ったー!」と叫んでしまうような大きな2ランホームランで5-2に。昨年の日本シリーズと言い大舞台で本領発揮するんですかね西川って。それよりも登場するとどこのチームのファン問わず、若い女の子が「キャー、ハルキー」なんて黄色い声が飛ぶ飛ぶ。イケメンなのは皆が認めるところですし、私自身2008年の春季キャンプでまだ18歳の西川を見て「こいつ絶対女に人気が出る。昔のラジオDJのキャッチフレーズじゃないが”奥様お嬢様が泣いて喜ぶ”って感じになる」って思ったんだけどまさにその通りだよ。

9回には中田もようやく仕事をしてソロ弾を放って6-2でパリーグの勝利。終わってみれば日本ハム大活躍じゃないですか。





なのにMVPは”横浜を出る喜び””しゃくれアゴ”内川が受賞。どう考えても特大ホームランの西川だろう、納得できない。裏に何か見えない力働いている?



それでも敢闘選手賞100万円は貰えたからいいでしょう。もしこれも貰えなかったらそれこそ見えない力が…。

終わってみればパリーグ勝ったし、3日間【野球まみれ】で楽しむことができたから最高なバカンスでした。中田は普段も頑張れ、大谷はやっぱり重症だよ。


『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/13 フレッシュオースター20... | トップ | 京都烏丸でベトナム料理のラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。