思いつくままに書くブログ

基本、旅行記(ぶらぶらある記?)と日本ハムファイターズの事しか書きません。少々スケベな。

姫新線開業80周年号で美作江見の獅子舞を見る

2016-10-15 19:46:23 | 2016年の旅行記
津山駅に戻るとホームに列車が据え付けられていました。



定刻通りに発車しましたが向かいの席の主がいない。荷物も消えていたのでここで放棄したのだろう。営業上は通過駅で前途放棄というのは面白い話ではありますが。また車内を見ると見慣れないグループが乗っている。こちらも営業上は通過駅から強行乗車してきたのでしょう、不思議な話ですがそもそも通過扱いにした意味が分からない。とはい列車はラストスパートに入り、30分ほどで終点の美作江見に到着です。





以前CMの舞台になったことを説明されていましたが見た記憶がないのでなんとも…。ここで20分余り停車して岡山へ向かいますが、姫新線の記念列車なのだから姫路まで直通運転してほしかった。昔と違って今は支社単位で企画してダイヤ設定するから難しいのでしょうね。本社のダイヤ部門と折衝しなくてはならないし。



折り返す間、駅前では地元の獅子舞の演舞を披露。丁度秋祭りのシーズンで、昨日は祭りで行ったとか。







獅子舞となると正月のものというイメージはあるけど縁起物でもあり、先日は私の自宅の近所で棟上げがあったのですが獅子舞を呼んでやってもらったくらいです。厄払いの意味もありますよね。



さて、今度は岡山行きに乗車と思ったのですが取りやめることにしました。気が変わって姫新線を全線乗車したほうがよさそうなのと、岡山に行くと大阪方面に戻るのが1時間以上遅くなる。今日は四日市まで帰らねばなりませんし、翌朝から仕事ですのでなるべく早く帰宅したくなったのです。とりあえず列車を見送ろうと改札口付近へ行くと車掌と高校生が揉めている。聞けば高校生は津山→岡山の指定券しか持っていないのにここ美作江見から乗車しようとしたが咎められたようで、美作江見→津山の指定料金を払ってもいいので立ち席扱いでと要求したようだが拒否。拒否理由は「この列車は満席だから、車補発券機を持ってこなかった」という。

この理由は私もどうかしているよね。指定券があっても乗車券を持っていない、変更する場合などどう対応するつもりだったのか。もしかして高校生を諦めさせるための理由かもしれないが、今思えば車内改札が一度もなかった。希望者には検札スタンプを捺しますと言って回っていたが座席チェックは行っていなかった。本当にいい加減なのかもしれないね。

そこで、乗らなくなった指定券を見せて「このまま姫路に向かうことにしたから乗らない。タダでやろうという話ではない、きちんと払ってくれたら譲ってやる」というと高校生、1,020円出して「釣銭ください」というがこちらは小銭は50円しか無い。というかスーパーじゃないのだから。なので「キミはいくら小銭持っているの?出せるだけ出しな」というと「350円しか小銭が無い」。面倒くさいので「じゃあ350円でいいから出しな。車掌もこれで文句言わないだろうし、こっちも払い戻せたとしても200円も返ってこないからいいよ」というと「有難うございました」とはいうものの今どきの高校生なのかなあ?感謝の念が見えないし、手に入ればこっちのものという感じがしないでもないが。すると一部始終を見ていた車掌が「お客さんのおかげで助かりました。さっきからしつこくて手に負えなかったのです」と言いながら、車内配布した記念の缶バッチの余りをいくつかくれた。まあこれが車掌の謝意と言うことで。



おかげで無事に定刻に発車。



行っちゃいました…。しかしツートンカラーの車両はこの景色に合いますねえ。

しかしこの高校生、あとがあって、ツイッターに自慢げに350円で指定券を入手し、持っていた津山→岡山の指定券に車掌に未使用の証明を貰って全額払い戻しできたなどと書いて、やっぱり高校生はガキだよなあ。私はツイッターなどしませんが、わざわざアカウント作って釘さしておきました。絶対どっかで失敗するぞ。

その後は17時03分発佐用行きまで1時間余りの待ち。駅舎内には15人くらい同じような人がいたなあ。駅周辺にはなにもなく、コンビニも勿論ないが5分ほど歩いたところにドラッグストアがあり、田舎の店なので食料品も豊富で総菜もあり、すべて半額で処分していた。缶ビールも売っている。なので缶ビールと半額のサンドウィッチを買って駅に戻りホームの隅で食べていたが、こんな過ごし方もまあいいでしょう。



キハ120に乗って佐用で播磨新宮行きに乗り換え。さらに姫路行きに乗り換えと短距離で頻繁に乗り換える必要があり、かつて大阪まで急行列車があった時代とは比べようもない。そして驚いたのは姫新線・播但線に乗るのに中間改札が姫路にあること。不正乗車が多いのでしょうね。加古川線の場合は大阪から140円の乗車券で「大回り中」とでも言えば通れるから意味があまりない気もするが、こちらはそんな詭弁が通用しないし。

あとは18時56分の新快速で大阪へ、このまま米原まで乗り通して名古屋経由で帰ることも可能ですが、鶴橋から近鉄のほうが1時間ほど早く帰れます(急行でも)。それに運賃も米原→富田は1,940円かかるけど、近鉄なら株主優待券が昨晩鶴橋駅前で1,500円で売っていたのを思い出したので。亀山経由で帰れれば500円で済むんですが、夜遅いから接続列車が無く無理でした。

ともかくこれで姫新線は完乗しました。西日本で残る未乗車区間は境線と小野田線の支線だけかと。北海道は新幹線が、東日本はガーラ支線は乗ってないですね。だけど石巻線の女川は復旧してから行ってませんし、大きく付け替えたのだから乗り直しでしょう。同じ理由で仙石線もそうですし12月に復旧する常磐線もね。九州は南九州の指宿枕崎線や日南線が手付かずでありますが。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫新線開業80周年号で津山ま... | トップ | 可部線に乗ってから広島風横... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
統計の猿 (井上 かつみ)
2016-10-19 01:39:51
懐かしい 写真 ありがとうございました  ずいぶん変わっていますね。20代時は 毎日 通勤で 乗っていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。