思いつくままに書くブログ

基本、旅行記(ぶらぶらある記?)と日本ハムファイターズの事しか書きません。少々スケベな。

姫新線開業80周年号で津山まなびの鉄道館

2016-10-13 09:01:55 | 2016年の旅行記
〈姫新線開業80周年記念号〉は定刻通りに中国勝山を発車しました。



次の目的地は津山、こちらでも67分も停車があるのですが、やっぱり。



瓶ビールが飲みたい。実は酒蔵から戻る途中に酒屋があって冷蔵庫に冷えた瓶ビールが見えたのですが大瓶ばかり。さすがにここでは中瓶か小瓶でないと。なのでビールはお預け、缶ビールならば要りません。そうこうしていると列車は急ブレーキをかけて緊急停車。すわっ、公衆の立入りか?マナーのなっていない撮り鉄の仕業だな。



先頭に行くとそんな感じではなくATSベルがけたたましく鳴っている。だけど信号機などどこにもない、どうも誤作動が起こったようだ。古いキハ47だからねえ。3分ほどの停車で復帰して運転再開となったがね。



津山に到着です。ここではホームを一旦空けなければならないという理由で乗客は全員降ろされて側線に転線します。そのため乗客には駅構内の「まなびの鉄道館」の入館割引券が配布されました。団体料金適用とのことで300円が240円。微々たる額ですが。改札を出ようとしたときに「鉄道館へはこっちが近道」と職員用通路の柵を空けてくれた。このまま構内を突っ切って入れるのかと思ったが、単に駅の横から出されただけでなんだかなあ。ちなみに今日のメインは転車台でDE50を載せて回すとのことでDE50は好きなディーゼル機関車なんですよ。しかし会場に行くと



これ、DE50?なんだか違わない?って勘違いしていたのは私のほうで、DF50とすっかり勘違いしていた。



こっちでしたね、失礼しました。



機関車の回すほうそのものはこんな感じかななんて。







やっぱりこちらの車両のほうがずっといいですね。



会場の隅に肉屋の総菜が販売されるテントがあったのですが、商品が「そずり」「ヨメナカセ」「干し肉」???変なものばかり。早速店員に聞いてみるとそずりは骨からこそぎ取った肉だそうで、ヨメナカセは牛の血管だという。干し肉は広島のせんじ肉のようなものかと思ったが「あれとは違います。赤身肉を干したもの」とのこと。ここは珍しいものと思いヨメナカセを購入。揚げて塩をまぶしてあって酒のアテに最高ですね。
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫新線開業80周年号で中国勝... | トップ | 姫新線開業80周年号で美作江... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。