思いつくままに書くブログ

基本、旅行記と日本ハムファイターズの事しか書きません。少々スケベな。
NAVERまとめ等へ本文・写真転載お断り。

7/13 フレッシュオースター2017(静岡)観戦記【野球まみれ第2弾】

2017-07-16 09:49:30 | 日本ハムファイターズ
7月13日は7時前に千日前のカプセルホテル「アムザ1000」で起床。寝汗で寝巻もシーツもぐっしょりだ。朝も湯船よりも30度のプールばかり入って身を清めて8時半ころにチェックアウト、久しぶりに朝ラッシュ時の御堂筋線に乗車するも殺人的な混雑だなあ。首都圏のほうがよっぽど余裕を感じるほどだが、どうしても難波~梅田は混んでしまうからなあ。



9時30分発の浜松行きJRバス「浜松エクスプレス大阪号」に乗車しました。4列シートではありますが乗客は全部で12人で発車。千里ニュータウンや京都深草に停車するも乗車ゼロでなんとも寂しいものだ。なぜこんなバスに乗ったかと言うと18時から静岡の草薙球場で開催される「フレッシュオールスター2017」を観戦するためです。浜松から静岡は在来線で移動すればいいでしょう、新幹線も950円アップで済みますから利用価値ありますが。本来なら静岡行きのバスがあれば最適なんですが昼の便は夕方に1本あるだけで、静岡のバスが大阪に来て折り返すダイヤしか設定が無いのです。

ともあれ浜松までは早割で2,750円だったかな。前後横ともに空席ですからシートを倒して冷房の吹き出し口を自分に向ければ、こんなに快適な乗り物はありません。途中甲南PAで休憩し、自宅の近くを素通りして刈谷PAでも休憩。昼食時でしたが15分休憩ではなにもできないし、浜松下車後に昼食ですね。東名三ケ日で1人下車、浜松西インターの共同運行相手の遠鉄バスターミナルで5人下車して浜松で降りたのは残り6人だけと寂しいなあ。





駅ビル7階の「五味八珍」なる地場の中華ファミレスで浜松餃子とラーメンのセットで遅めの昼食を食べ、14時51分発の静岡行きに乗車。結局新幹線に魂は売りませんでした、青春18シーズン近いので予行練習ということで。草薙で降りて駅前のローソンに入ると男の店員が「いらっしゃいませ、おはようございます」と大きな挨拶。ビックリすると「すみません間違えました。いつもは夜勤なんですが今日は野球で混むからと寝たのもそこそこに借り出されて…」。大変正直でよろしい。先日京セラドームで買ったバファローズポンタ柄カードを出すと「これですか、初めて見ましたよ」とのこと。静岡ならそうだろうなあ。今までJR九州ポンタカードを使っているが、それでもすごく見慣れないカードに驚く店員いるし。



16時40分頃に草薙球場へ。まさか年に二度も来ることになるとはね。



フレッシュオールスターであることを考えても明らかに例年よりは少ない。雨が降っているから出かけるのを取りやめた地元の人も相当いるだろう。私自身はフレッシュは札幌ドーム開催の2009年以来。あの時は湘南シーレックスのユニフォームが間違えて貨車便に載せられて届かずに、日本ハムのプラクティスユニを借用してプレーしたり中田がMVPを獲得したんだっけな。それで湘南の松本啓二朗が表彰されるにあたり外野応援席に関係者がやって来て「湘南のユニ持っている人貸してください」といい思い出だ。今となっては。



一旦外に出て近くのコンビニに行こうとすると土砂降り。こりゃあ開催しないかもしれないな、席に戻ったほうが得策と引き返したところで1-9がスタート。



正直知らないやつばかりだが、ウチの森山は4番に収まります。イリーグのホームランキングですから将来の大砲候補ですよ。



マスコットがグラウンドに入って来て、ウチは勿論カビーなんですけど。



一緒に交じって堂々と入場する紫のおじさん「チャス中原」って一体。地元の人は「なにあれ?」って思っただろうなあ。



マスコット撮影会つき入場券のお客さんがグラウンドに入って記念写真。このあたりで小降りになったり止んだりと非常に不安定な空。だけど多少の雨は5回まで強硬開催するでしょう。翌日の13時に振り替えたところで誰も見に来ないものね。鎌ヶ谷だって500人くらいだものね。



カビーとベルがいい感じ。余談ですが我が家のカビーとベルは付き合って3年過ぎました。そろそろでしょうかね(何が?)。撮影会が終わると選手が入場。



ウリーグの監督が水上でコーチが小笠原に掛布とはなんと豪華な布陣。4月のオリックス戦で外野スタンド近くで小谷野と中島のすれ違ったが、今日も同じ場所で小笠原と何気なくすれ違いました。そういう場所だったのか、でもね私はまだお前を許したわけじゃないから!



この時点では雨が降っていなかったんですがカビーはかっぱ姿。ザブザブ降っていた時には来てなかったのでタイミング悪いですね。



18時を少し遅れて試合は始まりました。





試合内容はと言えば二軍の選手だから球を見極めて打つことができないのか、雨降っているから早く終わりたい、5回まで持ちこんで成立してほしいとNPB側から頼まれているのかもしれないがとにかく早打ち。超サクサク進んで見どころもあまり無いと言えば無い…。

でもフレッシュオールスターの観戦の愉しみと言えば「よそのチームの応援歌を堂々歌えること」。読売の応援歌を歌うのは癪ではあるけど今日はまあいいか。各球団の応援団も懐かしい応援歌を用意して楽しませてくれますが、読売だけは融通きかないというかいつもの応援スタイルを貫いていましたね。西武は黒瀬や小関の応援歌を用意してきたけど知らないんだよなあ。さて我らの日本ハムは。





森山の打席で小笠原と落合、あと井出もやりましたよ。ただ周囲見ていて小笠原はみな知っているが井出は完全に微妙…。引退して10年以上、ハムにいたのは東京時代ですから仕方ないですね。個人的には奈良原の応援歌やりたかったな、石本なんかも面白いというかマッチするように思う。

でも一番面白かったのは、9回に西武の鈴木将平の打席で発動したランサムの応援歌あれ一度やりたかったのですよね。



試合は2時間半未満で0-0のスコアレスドロー。たこ焼きにつま楊枝は付かないようです。静鉄で草薙に戻ると21時になるところ。21時04分発で静岡に出て新幹線に乗ろうと、ここの駅には指定席券売機は無いので窓口はというとかなりの行列。東京方面に帰る人かな。仕方ないので券売機で初乗り運賃の切符を購入して乗車。静岡駅の乗換改札前の指定席券売機に草薙で買った切符を挿入して乗車券と新幹線の特急券を購入。21時29分発名古屋行き〈こだま685号〉に乗車。名古屋止まりだから寝過ごす心配はありません。



富田まで帰るのに名古屋と同じ運賃の春田まで購入。というのも草薙から富田まで223.5キロ4,000円となりますが春田までは199.3キロ3,350円と運賃ランクが2ランク下がります。なので和風な顔立ちをした(いい表現で)女の車掌が浜松で回って来たので変更を頼むと別途で春田→富田を410円で発券、つまりは240円も安い結果に。切符は当たり前に買っては結構損するときありますよ。

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/12 日本ハムvsオリックス(... | トップ | 7/14 マイナビオールスター20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。