一応あぁちゃん病状Memo

脳脊髄液が漏出今年初回ブラッドパッチから12年目になる 様々な症状が完治まで書く闘病記録を読んでくださりご訪問有難う

NHK組み体操事故で後遺症

2017-04-25 22:20:20 | リンク集

ニュースをリンクと貼っておく。

組み体操事故で後遺症 裁判で世田谷区が話し合い提案NHK2017/04/2518時13分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170425/k10010960901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_033

『東京・世田谷区の小学校で組み体操の練習をしていた児童が頭などを打って後遺症が残ったとして賠償を求めている裁判が始まり、世田谷区は訴えを退けるよう求めた一方、話し合いによる解決を提案しました。

3年前、東京・世田谷区の公立小学校で、当時6年生の男子児童が体育の授業で、2人組になって倒立をする組み体操の練習中に倒れ、頭と背中を体育館の床に打ちつける事故が起きました。

児童は、「脳脊髄液減少症」と診断され、激しい頭痛やめまいなどの後遺症が残ったとして、両親とともに世田谷区と担任の教師に対しておよそ2000万円の賠償を求めています。

裁判は25日から東京地方裁判所で始まり、児童の両親は、「学校側は安全性を十分に確認せず、マットを敷くなど必要な対策を取らなかった」などと訴えました。
これに対して、区と担任の教師はそれぞれ訴えを退けるよう求めました。

一方、区は「担任に過失があるかどうかは言い分に争いがあるが、早期に解決するのが最善だ」として、話し合いによる解決を提案しました。

これについて児童の父親の定松佳輝さんは「息子のことを考えると決着点を見つけ、できるだけ早く解決したいという気持ちです」と述べ、条件しだいで話し合いに応じる考えを示しました。』

ジャンル:
学校
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Xーファイル楽しみ | トップ | 私を返して下さい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。