ハートプラス・プロジェクト

「苦しんでいる人を助けたい」そんな気持ち=ハートがあれば、いろんな知識やスキルをプラスしませんか?

伝え方、伝わり方・・・

2016-12-07 21:01:26 | 雑記
2010年に新潟県で小学生が学校で亡くなりました。

その件について、このような記事が

訴訟になった、とは聞いていたので、どうなったのか?と探してみたら・・・


この記事には書かれていませんが、児童が倒れて、約4分後に別の教諭が学校のAEDを
持ってきたのですが、このAEDが使われなかった、ということです。

さらに、学校の教職員は、この4ヶ月前に講習を受けていたということです。

病院搬送後の4時間後に亡くなった、ということでしたので、
果たして自発呼吸が出たのか?少し疑問ではあります。


救命といえど、手当は善意が前提ですので義務ではありませんが、
学校という施設の中での教職員は、義務を負うのか?それは、どの程度?
ということを司法が、どう判断するのか?ということでしたが。


当時の状況等については、裁判記録等を見たわけでもないので、よく分かりませんが、
講習指導にあたる身としては、なぜ4ヶ月前に講習を受けたのに使わなかったのか?
というコトになります。

使うことが当たり前、と考えていると、なぜ?から進みませんが、
頭をまっさらにして、ニュートラルな気持ちで考えると、いくつものこと見えてくる感じがします。

それらを踏まえ、教え方によって、このような事態を避けることができたのなら、
どんなふうに教えたらいいのだろうか?

指導にあたる人間は、きちんと考えなくてはならないことなのだろう、と思います。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3位入賞! | トップ | 2016.12月度 勉強会報告 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。