帽子より愛を込めて(*^^*)

帽子の制作あれこれについて、
でも視野を広げてほかのことにも触れてみたいな。

多摩センターのハロウィンイベントで

2016-10-31 11:08:06 | 日記


ハロウィンがこんなに日本で盛り上がっているとは…知らなんだ〜
ハロウィンというとアメリカ映画で仮想した子どもたちがよその家を訪ね「お菓子かいたずらか?」でしょ。
最近は渋谷等で若い人たちが仮想して街に繰り出し楽しんでるのはニュースで知ってるくらいでこんなに身近で根付きつつある?とは知らなかったよ〜
子どもだけでなく、親たちも結構こった仮想を楽しんでたなぁ。
おなじみ三角帽に黒マントをはじめバッドマンのジョーカー、マリオ、プロがしてると思しき目玉が顔にいくつもあるメイクの人、なぜかウイリー、そしてさらに?な「ばか殿様」(お母さんがやってた)。

わたしは、例のごとくハンドメイドマーケットで帽子を売っていたけれどハロウィンイベントのひとつとして、もっと意識した帽子をおいても(人寄せとして?)良かったかなぁ!なんて商売っけ+参加意識で思ったりもしたのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世田谷公園の被爆二世の木 | トップ | 木枯らし一番が吹いた朝に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。