ハートフルカフェ

誰もが主役になれるユニバーサル社会を身近なことから考えてみたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

参加者募集中!5月3日「児童精神科医・佐々木正美先 生のおはなし」

2013年05月01日 | 子どものためのデザイン

静岡県富士市で放課後の子どもたちの支援をしている「NPO法人ゆめ・まち・ねっと」からのセミナーのお知らせです。

「ゆめ・まち・ねっと」の代表、渡部達也さんは、以前、ユニバーサルデザインの取材でお世話になった方です。静岡県の職員をやめて、NPOを立ち上げ、地域の子どもたち、そして大人たちのために、さまざまな活動をされています。

児童精神科医・佐々木正美先生研修会

開催日:2013年5月3日(金・憲法記念日)
□午前の部:10時〜12時
「子どもの育つみちすじ〜遊び交わり共感性を育む〜」
□午後の部:13時〜15時
「生きづらさを抱える子どもたちへの適切な理解と支援」
□会場:富士市交流プラザ(JR富士駅から徒歩5分)
□受講料
午前の部、午後の部どちらか:3,000円
一日通し:5,000円

申込み、お問い合わせはこちら


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークに出会った天使 2つのお芝居

2013年05月01日 | 日記

今年のゴールデンウィークはお芝居を観たり、手芸をしたりと、楽しい時間を過ごしています。

2つ観たお芝居は、まったく趣向が違うのですが、偶然にも、両方に天使が登場していました。

東京芸術劇場で上演された劇団ピーカーブ―の「Turn Over」は、もう一度、人生を選べるとしたら…というお話でした。人生は常に選択の連続。大なり小なり、誰でも、あの時、違う道を選んでいたらよかったのに…ということがあるものですよね。

「Turn Over」の主人公、老婦人のゆかりさんは生前の行いがよかったため、天国で、もう一度違う人生を夢見る特典を与えられます。

その瞬間は一見、バラ色に見える人生でも、その先は必ずしもハッピーとは限らない。人生は、なにがいいのか分からない、自分が選んできた人生こそがよかったと思えるように生きていくことが大切なのだと感じました。

もうひとつは冴木杏奈さんというタンゴ歌手の音楽劇です。こちらは、天上にいる天使のもとになくなった若い音楽家が来て、審判を仰ぐというもの。誰からも愛されてこなかったという音楽家が人生を振り返ると、ただ愛されていたことに気付かなかったというお話です。死と再生、愛と希望がテーマでした。宝塚スターのような冴木さんの美しさが際立っていました。

たまには、人生について考えてみる時間も必要です。

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

街頭演説の手話通訳

2013年05月01日 | ユニバーサルデザイン

昨日、JR錦糸町駅前ロータリーで野田前首相と海江田万里さんが街頭演説をしていました。

ものすごい警備でしたが、ひとつすばらしいと思ったことが手話通訳です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カフェ フィーカ フィーカ阿佐ヶ谷店

2011年06月06日 | ハートフルカフェ

杉並区役所1階にあるカフェ、Fika Fika(フィーカ フィーカ)阿佐ヶ谷店。店名のFika Fika(フィーカ フィーカ)はスウェーデン語で「お茶を飲む・ゆっくりする・くつろぐ」という意味だそう。ケーキやサンドイッチもおいしそうでしたが、友人とランチの約束をしていたので、コーヒーを飲むことに。



自動販売機を食券を購入して、テーブルにつくと、お店の人がすぐにお水を持ってきてくれます。きちんとお店の様子を見て、対応してくれる姿勢が好印象です。

まもなく、コーヒーが運ばれてきました。お店のロゴが入ったマグカップにおいしいコーヒーがたっぷり入っています。小さなクッキーがついているのもうれしいですね。広い窓からは外の景色が眺めながらコーヒーを飲んでほっとしたり、サンドイッチを頬張ったり、1人でも気軽に入れるのもいいですね。



このカフェは、ワールドグループの特例子会社のワールドビジネスサポートが、運営しているそうです。今度、詳しいお話を聞いてみたいと思います。

にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ
にほんブログ村

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

杉並区役所の笑顔ステーション(スマイルステーション)

2011年06月06日 | ハートフルカフェ

先日の金曜日、取材で杉並区役所に行きました。1階ホールでは、手作りの小物やケーキなどを販売する小さなバザールが開催されていました。ホールに賑わいや楽しげな雰囲気があるのは、この小さなお店があるからかもしれません。このミニバザールは、毎日日替わりでいろいろな障がい者施設がお店を出しているもので、「笑顔(すまいる)ステーション」という名前だそう。



この日は、ミニメロンパンやふんわりとしたシフォンケーキなど焼きたてのおいしそうなパンやお菓子が販売されていました。紙コップを使って焼いたシフォンケーキは、ゆず味とマーマレード味があり、200円とリーズナブル。ミニメロンパンとひとくちサイズのベーコンチーズパンは100円。





区役所に来た人たちが次々と買っています。おいしさとリーズナブルなお値段が人気の秘密なのでしょう。


にほんブログ村 デザインブログ ユニバーサルデザインへ
にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加