愛犬の健康と病気のサインを見逃すな!

愛犬の病気のサイン、治療、予防、犬種によるかかりやすい病気、救急法を掲載しております。犬のしぐさからサインを読みとろう

異物を飲み込んでしまった場合

2016年10月18日 | 予防注射といざというときの救急法
犬の散歩中に、犬は自分の好きな物や動く物をさっと口に入れてしまうことがあります。もし、なにか飲み込んで、変なセキをしている場合は、口の中を見てあげてください。つまっているものがあったらピンセットでとってあげましょう。路上に落ちているたばこなどを食べてしまった場合は、この場合は、塩水を口の中に流し込むと、やがて自分から吐き出します。犬は何を飲み込むかわからないので、路上に気になるようなものがあるときは、リードを自分のほうへ引っ張るようにしてください。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 指漏症 | トップ | 外耳炎 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。