愛犬の健康と病気のサインを見逃すな!

愛犬の病気のサイン、治療、予防、犬種によるかかりやすい病気、救急法を掲載しております。犬のしぐさからサインを読みとろう

犬がけいれんしている

2017年06月16日 05時30分39秒 | しぐさから見分ける病気
犬が、けいれんしているときは、筋肉をコントロールしている脳の動きが障害を起こしたことでおきます。また、高い場所から落ちたりしたときも、けいれんを起こすことがあります。あと、ウイルスに感染した時・低血糖・異物を口にしたときなどいろいろな場合があります。犬の状態によって、見分ける方法がありますが、それは以下に記します。

頭に怪我がある:外傷によるけいれん
全身がけいれんしている:ジステンバー・てんかんによるけいれん
意識がない:てんかん・低血糖によるけいれん
泡をふいている:てんかんによるけいれん
下痢・嘔吐:中毒によるけいれん
アンモニア臭:尿毒症によるけいれん

けいれんをしている犬をみたら、倒れそうな方向にマットを敷きます。周囲に硬い物などをどかしておきます。犬のけいれんがおさまるまで見守ります。けいれんがおさまったら、よだれや泡をふきとって安静にさせておきます。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 副鼻腔炎 | トップ | 鼻腔狭窄 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。