レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

大和撫子が感じたレイドウレイキ

2016年10月13日 | 霊気ヒーリング

レイドウレイキ本部に来られる受講生は幅広い年代ですが、最近では若き大和なでしこが研修に参加してくださるようになりました。

受講生にとってはお父さんと同じ年代の私が指導することに、時には戸惑われたり、時には安心してくださったりで、私も慈父心を学びます。

縁あってお試しコースから初めてレイキヒーラー養成コースの第一段階から第三段階bまで研修されたTさんからレイドウレイキを受講しての感想が届きました、ブログ紹介を快諾していただきましたのでご紹介いたしましょう。

******************

青木先生、小川先生、

こんにちは🍀

先日は第3段階bの講義、ありがとうございました。お礼と感想をお送りしようと思いながら2週間が経ってしまいました💦遅くなり失礼致しました。

研修の折はあさの瞑想会後に残って下さった諸先輩にお会いできてご一緒にワークができたことに感謝を申し上げます。

レイキサークルのエネルギーを感じ、普段のセルフヒーリングとは違う大きな流れを感じることができました。その後のショートレイキでのヒーリング・他者ヒーリングを行う機会をいただき、ありがとうございました。当日、気象病でフラフラしていた私が到着して15分ほどで皆さんに触れあいながら復調したことは改めてレイキとレイドウレイキの素晴らしさを感じるよい体験となりました。

そして実技練習では、奇跡の同期お試しコースからご一緒したMさんにヒーリー役をしていただき改めて感謝です!レイキ療法の在り方と微細なエネルギーの波動を感じることができました。

第3段階bの2日間、今までの講義と同様に、身体・こころ・魂が浄化され幸せな時間を過ごさせていただきました。私にとってレイドウレイキ本部は足を踏み入れただけで癒しを感じる、まさに聖地です。

受講中は、ヒーラーとしての心構えに身の引き締まる思いと、私の現在の状況・今の課題・未来に焦点を当てた講義をありがとうございました。まさにオーダーメイドの研修をしていただき、レイキの可能性を深く探求することができました。

青木先生に、繰り返し「ここレイドウレイキ本部はあなたがいつでも帰ってこれる場所だからね」と言っていただいて、今までの人生で常に壁を作ることに必死だったわたしの心は…すっかり懐柔されました。東京の故郷ができたように感じています。

普段、仕事に追われ余裕が持てないことが多いのですが、青木先生がおっしゃる通り現代社会は知識優先型の上位チャクラばかりを使い生活していることを痛感し下位チャクラの重要性を改めて実感しました。またハートチャクラでのバランスが必要であることも大きな学びです。

自分を大切に愛して行こうと決めてから、仕事でムリが効かなくなりました。今までも同じ状態だったと思いますが、自分を省みずムリを通して、感じる感覚がいつの間にか判らなくなっていることに気づくこともできなくなっていたのだと思います。

セミナーを終えてここ2週間ほどもいつもの日常生活に戻ると仕事で忙しくしている自分になり、すっかり疲れ切ってしまいました。

昨日はお休みが取れましたので、何とか頭と体の疲れを癒そうと人の手もかりましたがそれでも疲労感が残っていたため、瞑想→セルフヒリーリング→お不動さんへお参りという私の最強メニューを実行したところスッキリと復調いたしました。

レイドウレイキのご縁はお不動さんでした、不思議な導きにただただ感謝するのみです(関東36不動霊場巡りガイドブックを買いました)

自分を癒すことの重要さを日々感じ、自分のために、仕事と働き方を見直す必要性を改めて感じています。

講義を受けている期間いろいろな重要な気付きがあり、全ては必要な時に必要なだけ与えられているのだな、と実感します。

今、人生の転機にあると感じていますが、その機会にレイドウレイキに出会えたことに心から感謝しております。

 

🌎

『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 次の世代にレイキを伝える喜び | トップ | 一年の節目に誓う墓参り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。