レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

一年の節目に誓う墓参り

2016年10月14日 | 霊気ヒーリング

今日もまた 箒とる手のうれしさよ はかなくなりし人にくらべて (古歌)

月に一度は臼井先生のお墓参りと掃除にいつとは決めておりませんが訪ねております。

昨日は曇天で寒さを感じる天候でしたが、仕事の都合も良く、私の節目の日でもあり出かけることにしました。

前月には入口門の修繕をされていましたが綺麗に完成して、いつもと変わらぬ長閑な西方寺となっていました。長い歴史ある西方寺は広い墓地の敷地があり、臼井先生の墓所はその奥に静かに祀られています。

臼井先生の墓には立派な赤松があり、自然の変化を教えるように赤松から針葉樹は墓地一面に散在していますのでそれを掃き清め、墓石を磨き、献花してお香を炊き、浄化した後に日頃の御礼を捧げお経を唱えます。

近年よくお参りをしている時に後方で静かに待っている外国のレイキ実践者とお会いすることがありました。

そん時によく投げかけられる言葉は「あなたは臼井霊気学会員か?」です。「違います」と答えます。

昨日は臼井先生の墓所近くの檀家さんから「あなたは臼井家の血縁者か?」と尋ねられました。「いいえ」とお答えすると「いつも綺麗に墓掃除されているので血縁の人かと思いました」とのこと、臼井さんという方は立派な方なのですね!よく外国の方が墓参りに来ていますよ、先日もハワイから来たというグループが献花してお祈りしていました「皆さん楽しそうでした」とお話を聞きました。

西方寺で海外からの参拝者が多いのは臼井先生の墓ぐらいかと思います。昔はエネルギースポットのように理解した外国からの訪問者が多くいました、随分前の話ですがご住職に臼井先生の墓はどこか案内してくださいと訪ねてきたそうで、いちいちの対応はできないので墓地の案内掲示板のなかにある臼井家の位置にUSUIと特別にシールが貼られるようになりました。

最近では海外でレイキを指導している日本人マスターは臼井先生の墓地を紹介すると同時に「日本式の墓参りの作法も伝えている」と聞きます。レイドウレイキを学ぶ外国からの受講生にはそのようなことも出来る限りはお伝えしております。そうは言っても墓参りの習慣の違う海外の人に伝えたとしても容易には出来ません。ならばレイキの道に生きる自らが率先して臼井先生のお墓を磨いて浄化して、いついかなる来訪者があっても良い様にしておくことも大事かと思うのです。

今日は私にとって節目の日、霊界にいる臼井先生に現世に生きる人間界の存在として、感謝の心を捧げることのできる喜びとして新しい一年を始めて参ります。

 

『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大和撫子が感じたレイドウレイキ | トップ | 爽やかな心で新しい一年を始... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。