レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

日本人の誇りを感じる「生命の言葉」

2016年12月13日 | 霊気ヒーリング

最近は著名な寺社仏閣を巡ると実に多くの参拝者がいることを感じます。

四季折々の変化の中で心の安らぎを感じる寺社仏閣参拝は日本人だけでなく、世界の皆さんが日本に来て何かを感じることの出来る素晴らしい聖地です。

海外から来られた旅行客も寺社仏閣に大勢で参拝されている姿を見ますが、外国の方から見て日本の寺や神社を見てどのようなことを感じているのでしょう。

神社でいただく、平成二十八年十二月の生命の言葉は「私が断じて滅びない事を願ふ 一つの国民がある それは日本人だ」(ポール・クローデル)でした。

解説には「あれ程興味ある太古からの文明は消滅させてはならない。日本は驚くべき発展をしたが、それは当然で、他のいかなる国民にもこれ程の資格は無い。彼らは貧乏だ。然し、高貴だ。」と続く。日仏間が戦争状態であった昭和十八年、元駐日フランス大使であった彼が語った言葉。『言霊の幸ふ国』(神社新報ブックス)より引用

ポール・クローデル 1868~1955。フランスの作家、詩人、外交官。大正十五年から六年間駐日フランス大使として在日。彫刻家である姉・カミーユのジャポニズムに感化されたこともあり、日本を広く見聞した。日本で関東大震災に遭遇し、その際、被災者が配列の列に整然と並ぶ姿を驚きをもって手記したという。

臼井霊気療法の祖、臼井甕男先生が1923年関東大震災のおり多くの被災者の生命を助けて、「超人的霊能者」として一躍名をとどろかせた時代にフランスの大使であったクローデル氏が見た日本人の在り方が記されている生命の言葉です。大自然の変化と共に生きる日本人は破壊から復興への人間のあるべき姿としてこころに残ったのでしょう。

5年9か月前に東日本大震災を被災された東北で避難された皆さんが炊き出しの食事をいただくのに列を作っていていた時も同じ光景だったのではないでしょうか。

一年を振り返り4月の熊本地震を始め大きな自然災害が各地で発生しました。それは日本だけでなく世界的にも大きな地震や自然災害の多かった一年でもありました。平穏に新しい一年を迎えられます様に祈念いたします。

その時々に過去の学びを反映させて大自然と共に一体となって生きる日本人の力強さを誇りに思います。

 

『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貴女にとってレイキとは何で... | トップ | 不思議な出会いと12月後半の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。