レイドウレイキブログ「ヒューマン&トラスト研究所」 レイキヒーリングで人生に違いを作り出そう!

レイキヒーリングで幸せ体質になろう。
身体、心(感情・精神)、スピリチュアルの全体性からの癒しを探求しましょう

四国合同レイドウレイキ交流会参加感想①

2016年10月25日 | 霊気ヒーリング

高知で開催されたレイドウレイキ合同交流会に参加された皆様から感想文がぞくぞくと送られてきました。

一人一人の顔を思い浮かべては拝読しています、各講座で感じたこと気づいたことが事細かに書かれていて、その誠実さに頭が下がります。

皆さんと出会えたことレイキの繋がりと宇宙の出会いに感謝申し上げます。

今回の企画を立案していただき実現まで中心となっていただいた三井マスターからも率先して感想メール受け取りました。

お許しを得て本日のブログで第一番にご紹介いたします。

********************

ヒューマン&トラスト研究所の青木先生 小川先生
レイドウレイキ本部で幹事をしている奥住さん
をお招きしての3日間に渡る交流会が皆さん喜びの笑顔で修了しました~🎶

シンボルワークショップ講座ではチャクラの状態をペンデュラムを使って実践式で丁寧に教えて頂き自分のエネルギーを目視しヒーリングの前後での違いを確認しました🍀

下のチャクラほど回転速度は遅く重たいのですが、それを顕著にペンデュラムは見せてくれ感覚的にも教えてくれました🍀

身体はとても繊細で敏感で正直です🍀

心の状態も肉体に反映してきますので、日常的にかかる精神的、肉体的なストレスをセルフで取り除いてあげましょう🍀
その両方が霊気では可能です🍀



青木先生は、皆さんの霊気に対する真剣な思いに尊敬の念を抱いておられました🍀

また、テキストは完全なものだか、完璧なものではない。
皆さんの思い、貴重な経験を織りなして貴女専用のレイキ完全本に仕上げていって下さい🍀 と、お言葉を頂きました🍀

小川先生からは
霊気の素晴らしさは多様性❕ 全部できる可能性を秘めている。
例えば音階でドの音は沢山ある。
全部のドを使って弾けるようになるように、霊気を実践しているとアチューメントを受ける度に感覚は違ってくる。
全ての音の全ての音階を弾けるようになっていきましょう🍀 と、お話して下さいました🍀

講座では、昨年同様、参加の皆さんに1つずつアチューメントをお願いします。
と、リクエストしておりましたところ~  ~「いさゝかの きづなき玉もともすれば ちりに光を失ひにけり」と言われ。

青木先生は第1第2第3シンボルをアチューメントを快諾してくれました(glad)
これには、ビックリ❕ 大大大ギフトでした❕

我流エネルギー(人には邪念があるので😅)になりつつあるシンボルエネルギーを根源を宇宙とする純粋なシンボルエネルギーに調律していただいた感覚がはっきりとありました🍀

内容も昨年とはまた違っていて今回は、霊気エネルギーの波動を深く学ぶことが出来ました🍀

アチューメントでは意識旅行したり、トランス状態を楽しんだり強力なエネルギーを体感したり、様々ですがその部屋は確かに大量の霊気エネルギーで満ちていて✨宇宙エネルギーと共振共鳴し、先生方を含むその場の全ての人は全ての人と同調していました🍀

大きなゴールドの柱がスコーン❕って現れたました❕

あのエネルギー波長を維持し続けるにはまだまだ日々の修養錬磨が必要ですが😅…

毎日を悟りの境地で生きるという、自己が内なる光で満たされている状態を意識し、セルフすることは出来ますね~🍀

3日目のフェイスリフト講座伝承霊気公開講座も皆さん大満足で昨年以上の参加者となり先生方にも大変喜んで頂けました❗

本当に有り難うございました🍀

私が今回の合同交流会に意図するところは
レイドウレイキを学んでいただいた皆さんに、先生方をもっと近くに感じて頂き、レイキエネルギーを感じていただきたいこと、そして絆を強めて貰い自分の人生に霊気のエッセンスを加えて貰いたい一心で企画させて頂きました。

交流会に参加していただいた皆さんのお陰さまで大成功❕となりましたこと本当に感謝しております❤

有り難うございました(glad)❗
先生方にもお知らせしたいので

参加者の方もどうぞ思うままに感想をシェアしてください🍀レイドウレイキ本部に転送いたします。

四国レイドウレイキは出会いを大切にして一人一人にレイキの素晴らしさをお伝えしてまいります。

『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四国合同レイドウレイキ交流... | トップ | 四国高知訪問は何度目ですか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

霊気ヒーリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。